終活を考えた断捨離楽しんでます

わたしは断捨離が大好きです。

40代に入ってからは終活を考えるようになり

必要のないものを次から次へと断捨離していますがとても楽しいです。

 

物を捨てることがこんなに楽しいなんて・・・!

もっと早く断捨離の気持ちよさ楽しさを知りたかったくらいです。

もっと早く断捨離を意識していたらこんなに物が増えなかったはずなんです。

 

わたしの家には不要品がたくさんあります。

それは若い頃わたし自身装飾品が大好きでお金があればそれらをたっぷり買っていたから。

そして物を大切にする性格なので長持ちするんです、必要以上に・・・。

 

物持ちがいい自覚は子供の頃からあり、子供の頃宝物にしていた文房具が今も残っています。

若い頃自分を飾る物が好きで買い物ばかりしていて、だから物が増えました。

服も増えれば靴も増えます。

服や靴が増えればバランスを取るためにバッグを買います。

そうやって物がどんどん増えていきわたしのクローゼットには服が折り重なるように詰まり

その状態に嫌気が差し始めたのです。

 

一つ一つは安い物じゃないのに折り重なっている服は安物に見えて

服がかわいそうになりました。

 

そこで断捨離を考えたわたし。

断捨離を考えたけど初めは何をしたら良いのか分かりません。

どうやったら物が減るのか、どうやったら自分が満足できるのかを何日も考えて

フリマを利用することに決めました。

 

今ではとても有名なフリマアプリを使ってそこに必要ない物をじゃんじゃん出品しています。

なにせ出品数が多いので毎日のように何か売れています。

ひとつ売れる度にこれでまた断捨離できると心はウキウキ!

梱包している最中も発送に出向いているときも嬉しくて嬉しくて!

不要品が売れてお金に替わるうれしさと、

物が減るうれしさとダブルのうれしさですからたりません。

 

日に日に家の中がスッキリしていくと整理整頓が苦痛じゃなくなるため

どんどん家の中がきれいになっていきます。

服でも靴でもバッグでも全て劣化します。経年劣化ですね。

だからキレイなうちにまだ十分使ってもらえるうちに出品します。

そうすれば購入した人も良い状態の物をお手頃価格で手に入れられて喜んでくれますから。

 

もう使わないもう着ないと思ったらわたしは迷うことなくフリマに出品。

まだ着るかも~まだ使うかも~と考えていたら物が減りません。

 

わたしの場合終活も含んでいる断捨離なので、

もったいないとか思い出の品とかグズグズ考えず

すぱっと断捨離するようにしていますよ。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL