終活を兼ねて断捨離の真最中です。

母親がパーキンソン病を患い杖なしでは歩けない身体になりました。

御年76歳。

活発な人で綺麗好き、掃除好きだったのですが、

もう2年間まともに掃除機もかけていません。

 

兄夫婦と同居してはいますが二人共仕事で忙しく、

「私の部屋をを片付けて不要品を捨てて欲しい」と言うので、

一人娘の私が大掃除をする事に。

 

昔の人と言うのは、どうも「もったいない」精神が根付きすぎていて物が捨てられないようです。

去年のカレンダー。

パチンコ玉ほどに小さくなった消しゴム。

10年も前の領収書。

何故取っている?と不思議になるような物が次々と出てきます。

 

明らかに使いようのない物や不要な物でも、

一つ一つ確認しながら処分品と取り置き品に分けて行きます。

 

久しぶりに見つければ懐かしくなる物もあるようで、

「これは、あの時に買って、こうして使っていた」

「旅行先で買ったもので、あの旅行の時は…」と、そこから暫く思い出話です。

一向に作業は進みません。

 

一番時間がかかるのが写真です。

一枚一枚、じっくり確認しては、しばし迷い

「捨てよう…いや、やっぱり取っておこう」

と1枚の写真毎に1分以上の時間がかかります。

 

病気の母が着られるものは、もう限られていて、

着物や帯は、どう考えても不要になってしまっているのですが、

なかなか思い切れないようで、とりあえず取っておこうとなります。

 

まる1日かかって断捨離できたのはゴミ袋2つ分。

このペースで行けば何が月、もしかすると何年とかかりそうです。

完全に流行遅れでくたびれてしまった洋服やバッグも同様です。

 

「不要品を捨ててくれ」と言いつつ、結局捨てきれないのです。

 

母親が、まだまだ元気で、捨てても捨てても新しい物を購入できるなら、

私も「絶対にいらない」「捨ててしまおう」「また買えばいい」と強く押し切るところです。

ですが、今ある物を捨ててしまったら、もう新しい思い出の品が増える事はないと思うと、

「じゃ、とっておくか」と、捨てかけてゴミ袋から、また回収したりします。

 

「断捨離」という言葉が使われるようになって久しく、

余計な物を取り除いて前に進むというような、

物理的にも精神的にもポジティブなイメージを持っていましたが、

終活の為の断捨離と言うのは、なかなか複雑な物です。

 

高齢の親の断捨離というのは、

どうやら「物」ではなく「どう人生と決別するか」という心の問題のようです。

「片付かない」と、イライラせず、気長に付き合おうと思っています。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL