断捨離ですっきり気持ちの良い暮らし

新しい家に引越しする際に、断捨離をしました。

引越し時にできるだけ運ぶ荷物を少なくしようとしたのがきっかけです。

 

そんなに物をためていないと思っていましたが、

雑誌や本、食器、衣類がかなり多くなっていて驚きました。

これは到底1日では終わらないとあせりましたが、少しづつやろうと始めました。

 

まず、これは本当に必要か、そしてこれからも愛用していけるものかを決めるのに、

思いのほか時間がかかりました。

本当に捨てていいのか迷って悩んでかなり疲れる作業です。

 

一方、なぜこんなものを買ってしまったのだろうと思うものも少なくなかったのです。

買うときにはそんなつもりは無かったのですが、無駄な買い物をしていたのですね。

ただ、特に必要ではないけれど好きなものや想い出の品は、

多くなりすぎない程度に残すことにしました。

 

また、それぞれ収納場所をきちんと確保できるのかも念頭に置きながら断捨離しました。

それと、年に数回しか出番はないけれど必ず使うことになるだろうと言うものも、

最低限の数を残すことに決めました。

 

そうしているうちに、自分や家族にとって本当に必要なものや

愛着のあるものだけが集められていって、だんだん気持ちもすっきりしていきました。

 

けれども、あとになってみると少しもったいなかったと感じたことがあります。

それは、もう着ることもないだろうと、

未着用だけれど古いデザインやほとんど活躍しなかった服を処分してしまったことです。

特に有名ブランドというわけではありませんが、もしかしたら売ることができたかもしれません。

 

断捨離をしてからは、新しいものを買う前にじっくり考える癖がつきました。

ほしいと思ってもまずそれを買ってからのことを想像してみます。

そして買うのをいったん保留にして時間をおきます。

そうすると、やっぱり買わなくてよかったとなることもしばしばあります。

 

それから、何をどこにしまうかをきちんと決めるようにしたので、

探し物に時間をとられてイライラすることがなくなりました。

なにより余分なものがない家の中は、掃除もしやすくていつもさっぱりと過ごせます。

 

今現在、持っているもので十分満足できているので必要以上に物が増えることがありません。

本当に必要になってから考えても間に合うのだという心のゆとりも出来ました。

 

断捨離をしなければ、日々の片付けなどが負担になっていたことでしょう。

毎日のことですから、家事もできるだけラクに楽しくしたいですからね。

断捨離をすることによってそれが叶えられるようになりうれしいです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL