3か月を目処にして思い出に耽らないで断捨離

私がまだ実家に居た頃、とても物が多く普段から物に囲まれて生活している様な状態でした。

決してゴミ屋敷ではありません。

物が多くても片づけられない、捨てられない母だったからです。

来客があった時には別の部屋に物を移動させるなどで対応するばかりで、

なかなか物が減らない様子を見てきました。

 

そのせいか、一人暮らしを始めると物を極力買わないようになり、買ったら古い物を捨てる習慣がつきました。

それが断捨離だという事に気付いたのは少し経ってからですが、

私が普段から気を付けていることについてまとめました。

 

まず、私の母の様に物を捨てられない人は

『後で何かに使えるかもしれない』『とっておいたら役に立つかもしれない』

と心の中に強くあると思います。

ですがそんな事はありません。

後で使うかもしれない、役に立ちそうな物はリストアップして管理をしてみると分かり易く

3か月以内に使わなかった物がほとんどのはずです。

3か月も使わなければその後も使う事はほとんどないでしょう。

 

それに、そのとっておく物は無料でもらった物ばかりではありませんか?

きっとまた同じものをどこかで手に入れるでしょうから捨ててしまいましょう。

 

洋服や本、食器などさらに常用的で捨てづらい物も同じようにリストアップします。

食器棚の手前にあるお皿ばかり使って困っていないはずです。

奥にあるのは来客用…だなんて思っていてもほとんど使わないでしょう。

もしものことがあっても普段使いしている食器を

オシャレなキッチンペーパーを引いたりするだけでオシャレになりますから十分です。

そういった類の物はリサイクルショップやフリーマーケットアプリで売ってしまうか、

売れなさそうな物は思い切って捨ててしまいましょう。

 

そして物を捨てた後は無駄に買わない、とっておかない事が重要です。

新しく洋服を1着買ったら1着捨てる精神が必要です。

それが難しいなら新しい洋服は買わないと自分で強く意思を持ちましょう。

なお、捨てる時には色々考えずに無心で捨てることが重要です。

思い出に耽っていたらどんどん捨てられなくなってしまいますからね。

 

断捨離をする事で家の中には絶対に必要な物しかなくなり、

いつかの不安に駆られるかもしれませんが慣れです。

万が一、必要になったときには買いに行ってしまえば良い話で、

代用が効くなら代用品を使う生活の向上にも繋がります。

物がなくなってスッキリすれば心もスッキリします。

不要な物を家の中に置いておいても自分が掃除で大変な思いをするだけだと思えば

少しは気軽に捨てることができるかと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL