私の断捨離についての考えかた

断捨離って流行りましたよね。

私も時々断捨離をしますし、どちらかというと得意です。

整理整頓が好きっていうのもあるし、

美しく整えられている環境が好きなので断捨離をするのですが、

断捨離がうまくできないという人というのは

捨て無くちゃいけないという意識が強すぎるのではないかなと感じます。

 

捨てようという意識でやると、気持にブレーキがかかりすぎて

何も整理できないで終わっちゃうんですよね。

捨てるという意識ではなくて、大事なものだけを残す

という意識にフォーカスしたほうがいいと思うのです。

 

捨てるという言葉ってマイナスなイメージが強く、

なにかを失うっていうイメージにもつながります。

何か無くなるというのは人にとって不安や恐怖の感情に結び付きやすいので、

物を処分するときに躊躇してしまって何も整理ができなくなってしまう結果になりやすいんです。

 

なので、今持っている大事なものを最大限に活かすためにどうでもいいものを処分したり、

より使い勝手がよく魅力ある空間づくりをするんだ

という楽しい気持でやることが断捨離をうまく行うポイントだと私は思います。

どうでもいいものに、時間やエネルギーを使いたいですかってことですよ。

本音は好きなものに全力を注ぎたいですよね。

 

例えば、洋服ダンスの中に着られない服や、

見ても気持ちが晴れやかにならない服があって、

本当に好きな服はごく一部で箪笥を開けて

好きな服をだすためにいちいち興味のない服が目についたり邪魔になったりして、

この服ダサいなとか思ったりするじゃないですか。

それが毎日のように行ってたら結構な時間を取られて気持もよくないわけですよ。

 

でも本当は箪笥を開けたらお気に入りの洋服ばかりがいいなって思ってたりします。

じゃあ、お気に入りばかりにしたいのなら

一番手っ取り早いのはどうでもいいものを処分しましょうっていう簡単なことです。

 

また、大事なものというのは必要か必要じゃないとかで仕分けない方がいいと思うんですよね。

必要かどうかという基準だと、いずれ使うかもしれないとういう邪な気持ちがでてきて

どうでもいいものが増え過ぎちゃうんですよね。

それって損得勘定なんですよね。

捨てることによって損したくないってことなんですよね。

そうじゃないんですよね。

損得勘定で動いても気持ちは晴れやかにならないんですよ。

 

これって人との付き合いでも同じだと思うんですよね。

本当は仲がいいわけでもないし興味がないのに連絡をとったりする関係でも

断捨離したらいいのになって思うんですよね。

 

人の人生って流れているから、色々と状況や環境が変わり

人間関係も変わっていくのが常なのに

過去の人間関係を引きずるのはどうなのかなって思うんです。

それは昔の関係を全部捨てろって事ではないんです。

 

昔から仲良くて、今も大事な人で一緒にいると楽しいし好きっていうのなら

全然その関係を続けたらいいんです。

でも、ただ昔よくしてもらったからとか、

その人といると得するからみたいな人間関係は気持ちよくないし、

その人たちに会うことで時間を取られてたら

次に逢うべき人に逢えないんじゃないのかなって思ってしまうんです。

なので、人間関係も好きではない人との時間は無くして

断捨離するにこしたことはないと思いますね。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL