片付けが苦手な人は断捨離をすべきです。

部屋に関しては常に片付いているという人、

逆になかなか片付かないという人もいます。

 

片付けられないということを気にする人については

雑誌やインターネットなどで片付けられる方法を調べてみたり、

片付けるのに便利そうな小物入れなどを多く購入したりします。

 

さらには近年カルチャースクールにおいては片付け教室なるものが開講されるようになりましたが、

それを受講して専門家から片付けの方法を学ぶという人もいます。

 

しかしながらこのようなことをしても、一向に片付けられないという人も少なからずいるものです。

その場合は人によってはADHDやADDなどといった一種の発達障害にかかっていて、

片付けることに対して混乱を感じたり苦手意識を持ったりすることもあります。

 

そのようなことから何をやっても片付けられないと悩む人は、

自宅に所有するものを極力減らして片付けるもの自体減らせばいいのです。

いわゆる断捨離をして家にあるもので少しでも使っていないものがあれば

リサイクルショップやインターネットオークションに出したり、ごみとして処分すべきです。

 

おそらく家に所有しているものを見てみると、

もう数年も使用していなくてその存在さえも忘れているようなものが存在してることが多いものです。

 

さらに食料品の入っているところを見渡すと、

賞味期限が切れていたりいつ開けたかどうかもわからないような食品が

使いかけのまま放置されているということもあります。

 

一度時間をかけて家全体を見渡すと、必要でないものが

人によっては所有している者の中で大半を占めることもあります。

そのようなものを片っ端から処分していくことで所有物が減少して片付けがしやすくなるのです。

 

また特に子どものいる家庭においては、

子どもの成長とともに服やベビー用品など使用しないものが増えていきます。

これらは誰かに譲ったりさらに子どもが増えたりするようなことがあるかと思われて

自宅に残しているという人も多いのですが、

それがだんだん溜まっていくと保管しておくのに一部屋使用しないといけない状況にもなってきてしまい、

他に必要なものを片付けるにあたって支障が出てくる原因ともなるのです。

 

所有しているものは仮に使用していなくてもだんだん自然に劣化していくものなので、

購入してある程度年数が過ぎているものに関しては迷うことなく処分すべきです。

 

こうして大規模な断捨離を行えば、

たとえ片付けが苦手だとしても片付けるもの自体が少なくなるということで

部屋を常に片付いた状態にすることが可能なのです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL