断捨離を始めたきっかけ。断捨離してよかったです。

私の母は物をなかなか捨てられない人で、独身時代に私が実家にいるときでも、

私が捨てようと思っているものを「もったいない」「まだ使える」と言って

捨てさせてくれずに自分で使っている人でした。

 

結婚して離れたところに住んでいますが私の心の中にいつも母がいて

物を捨てることに罪悪感があって家の中はいつもごちゃごちゃしていました。

引っ越しをするたびに部屋は少しずつ広くなっていき、

毎回引っ越したばかりの頃は収納にもたっぷり余裕があるのですが

住んでいるうちにすぐに収納がいっぱいになっていきました。

 

断捨離という言葉を知って少し自分なりに捨てた時期もありましたが

家の中のものをすべて見て実行する時間も余裕もなくて、

小さい子がいるので、子供が小さいうちは仕方ないのかなとあきらめていました。

でも小さい子がいるからこそ家にいる時間も長く、物があふれた家に帰ってくるといつもため息が出ました。

これでは自分にとっても家族にとっても良くないと思い少しずつ実行しようと思いました。

 

前回は自分の服や物はつい、もったいない気持ちが出てきてしまってあまり断捨離できず、

主人のものを勝手に捨てて嫌な思いをさせたので今回はまず自分のものからやろうと決めました。

 

まずは服から始めました。

服は引っ越した時に自分の服を置く場所を一か所に決めていたのでやりやすいと思いましたが、

初めて見ると量の多さに愕然としました。

セールで安くなった服を多めに買ってストックする癖があったので、

今着ている服も多いですが同じくらいストックしてある服もたくさんありました。

サイズが明らかにあっていないものや、今後着る予定のないものはどんどんごみ袋に入れました。

 

いつもなら母に捨てる前に電話で確認したりしていましたが今回はやめました。

潔く判断して捨てていきました。

服はかさばるのである程度捨てると空間に余裕が生まれて、

今着るお気に入りの服も取り出しやすくしまうことができました。

以前着たいと思ってもなかなか見つからなかった服もタンスの奥のほうから出てきて嬉しかったです。

 

いつも出かける前は何を着ようかとよく迷っていましたが、

今は一週間の服をだいたい3パターンと決めてローテーションしています。

なので出かける前の服を選ぶ時間が少なくて済みました。

 

母の言うように物を捨てることはもったいないし、心の痛みも伴いますが

自分の住んでいる生活空間を物よりも大事にしようと思い頑張りました。

これからも続けていこうと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL