断捨離をする方法とそれを進める心構え

物を捨てたり思いを断ち切るというのは、性格にもよりますが、

特に思い出が大好きな人にとっては大変難しいものだと思います。

特に思い出に浸るのが好きな人にとっては、

ため込んでいたものを捨てなきゃいけないなと思って箱を開き整理を始めても、

結局一つ一つに目を通し始めてしまったらやっぱり捨てられずに

そのまま元に戻してしまうという経験を何度もしているのではないでしょうか。

 

断捨離は、何か大きな転機があったりきっかけがあるときに思い切ってすると楽です。

手持ちの物の中に、これがなくなったら大変なことになってしまうというものはそんなに多くはないはずです。

生死のために必要な書類などのほかに最低限必要なものはリストを作ってみるといいでしょう。

 

そして、ちょっと恐ろしいことかもしれませんが、

明日自分が突然死んでしまうというようなことを想像してみましょう。

自分が亡くなった後に自分の荷物を他人に処分したり整理してもらうわけですね。

そうしたら、こんなものは見られたくないというものがたくさんありませんか?

それに、擦り切れた洋服や時代遅れのものなども悲しみに包まれている家族に処分してもらうと想像したら、

申し訳ないと思うものがあるはずです。

そうして想像を膨らませていけば、きっとかなりの物を捨てることができると思います。

 

それから、パソコンを捨てる時はハードディスクを必ず消去しましょう。

データーを残したまま捨ててしまうのは大変危険です。

近年は、パソコンにドキュメントや写真などたくさんストックしている方がほとんどだと思います。

そういったものは、がさばらないので楽ですが、

きちんとメモリスティックなどにデーターをコピーしてから

本体のデーターは業者に頼んできちんと消去してもらってから処分します。

 

洋服などはよく一年着なかったものは捨てるとよいと言われていますね。

いつか着ると思って取っておいても意外と年齢と共に似合わなくなったり、

サイズも少しづつ変わったりして着れなくなってしまうケースが多々あります。

「いつか使う」と「思い出だから捨てない」この二つが頭にある人は危険です。

なかなか断捨離ができないからです。

 

物を沢山持ちすぎてそして整理整頓できない人はいずれ家族からも嫌がられてしまいます。

人生を長い目で考え、物の持ち方使い方などのプランを実際に紙に書き出して考えてみましょう。

また、物が多く断捨離できない人というのは、「つい」物を買ってしまう人でもあります。

物を買うときには、見たときにその場で買わずに、必ず家に帰り、

同じようなものがないか、それを買ったらしまっておける場所があるかどうか、

どうしても買わなければならないのか、を考えてみましょう。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL