断捨離のコツ

女性なら特に物が多く、しまう場所がなくなって、収納に困るひとが多くいるとおもいます。

ファッションは特に、衣類からカバン、靴などと、これとこれが合うかもと思ったり、

バーゲンで安いからといっては、たくさん買いすぎて収納に困るのはよくあることです。

 

私も実際に衣装ケースに圧縮袋で片付けても、それでも収納できなくなってしまっていました。

衣替えで出してはみたものの、シーズンで一回も着ないのに、もったいないし、

着るかもととっておいては、また着なかったことがよくあります。

収納できないことで、衣装ケース買ったり、収納棚を新しくしたりと、出費がかさむばかりでした。

 

そこで、断捨離をしようと心に決めるのですが、まずはどれがいらないかなと考えても、

もったいないと思うと断捨離できません。

衣替えの時に、1シーズン着なかったものを頭に入れ、着なかったものに対して、今後着るか想像してみます。

そこで、想像できなかったものに対しては、着ないと判断して、断捨離することにします。

 

しかし、いざ捨てると思ってもまたそこで、もったいない精神が働くので、

捨てるという発想を変えてみることにしました。

 

まずは、あげれるものかということです。

マタニティーや、子ども服は一時のものなので、欲しい友達がいれば、あげます。

捨てるより、喜ばれることや、お礼にお菓子をもらえることもあります。

 

欲しい友達がいない時は、古着のリサイクルに売ります。

物によっては、売れないてますが、10円にでもなれば、捨てるよりはよく、

またそこで子どものおもちゃ代になれば、嬉しくなります。

 

売れないものは、古着を集めているボランティアに渡します。

捨てるのではなく、何かの役にたっていると思えば、断捨離したかいがあります。

ただ断捨離すると思えば、なんかもったいないと思うものでも、何段階で考えを変えることで、

これはどうかな、と考えながらすることで、断捨離も楽しくなってきます。

 

そして、少しずつ整理して部屋から物が減ると、買い物する時も、これは長く着るかな。とか、

安くても本当に必要かとかを考えることにつながり、無駄な衝動買いが減ります。

断捨離することで、部屋の整理整頓だけではなく、お財布にも優しい力が身についていくようになります。

安いからとか高いからではなく、すぐ着なくなりそうだと思って買うのをやめたりできるようになります。

 

断捨離とは、物を捨てることではなく、いかに上手に買い物をするのかを身につけることが、

断捨離をうまくするコツではないでしょうか。

もったいない精神から、ボランティア精神が大事だと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL