断捨離で空間も心もすっきり

日々、生活していると、気をつけていてもやはり物は増えていきがちです。

・あまり好みではない頂き物の絵ハガキ

・買ってはみたものの趣味が変わったりして着なくなった洋服

・友人知人からの年賀状や暑中見舞いの束

・雑誌の付録についていた使い道のないバッグ

・自治体のうちわ

・後で見ようと思ってとっておいたのにすっかり存在を忘れている季節はずれのカタログやパンフレット

・使えなくなった電化製品などなど。

 

もしかしたらいつか使うのではないか、捨てるのはもったいないのではないか、

リメイクしていつか使おう、という前向きの気持ちで置いてあることもあるでしょう。

 

仕事が忙しくてそんなことをしてる暇がない、ゴミの分別とか考えるだけで面倒そう、

といった後ろ向きな気持ちで置いたままになっていることもあるでしょう。

 

一念発起して断捨離してみませんか?

 

洋服やバッグの場合、1年以上使っていない、

つまり春夏秋冬見ないで存在を忘れていられるものは

何年後でも必要ないことが多いのではないでしょうか。

 

友人知人からの年賀状や暑中見舞いの類は、住所などを住所録に控え、

勇気を出して捨ててしまいます。

一瞬、申し訳ないかなあ、という気持ちにとらわれますが、

よく考えてみたら、それらを取り出して見る機会は、普段ほとんどありませんし、

必要であれば、どなたがいつお葉書を下さったかという情報だけ、

パソコンやノートに記しておけばよいのではないでしょうか。

 

うちわやら、無料でいただいて結局まったくいらないおまけ、

カタログの類は、もちろん思い切りよく捨ててしまいます。

 

電化製品については、捨てるのに費用がかかるものや、

捨て場所が決まっているものなどがあると思いますので、そのルールに従って行います。

これが一番やっかいでつい面倒だったり、

費用がかかるのが嫌だったりで先延ばしになりがちですが、

必要経費だと考え、せっかくの機会ですので、やりきってしまいましょう。

 

断捨離は、するまであれこれ頭で想像している間は大変そうに思いますが、

やり始めると、意外と時間はかからないものです。

週末などのお休みの日を利用して、じきに終わってしまいます。

 

断捨離をした後は、本当に爽快です。

物が詰まっていた押入れに空間が出来たり、

引き出しがすっきりして、引き出しやすくなります。

ラックや棚もすっきりして、ついでに物の後ろにたまっていた埃もすっきりです。

 

あいた棚に、季節の花を飾りたくなります。

新しい洋服を買いたくなり、仕事に前向きになったりします。

ついでに他の場所まで掃除したくなったり、なんだか気持ちうきうき、心すっきりします。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL