断捨離するもの・しないもの

私をふくめ私の家族はなかなか断捨離することができません。

母は物持ちがよく何十年も着ている服やかばんなどがあったり、

私が小さい頃に使っていた布団などもきれいに押入れにしまっています。

倉庫にもいらなくなったおもちゃや、思い出の品がたくさんおいてあります。

もう使うことは無いけどなんとなく捨てて欲しくない気持ちもあって

ずっと放置したまま私は結婚し家を離れました。

 

しかしこの捨てられない性格が昨年生まれた私の子供に、とっても役にたったのです。

初めての赤ちゃんだと、色々いるものが多く出費がかさなり大変と母に話していると、

母がわたし達兄妹が使っていた布団があるから使っていいよと言ってくれました。

母が大切に置いてくれていたおかげで布団も買わずにすみ節約になりました。

 

その他にも、幼稚園の時に使っていたカスタネットや、

たくさんのぬいぐるみなどおもちゃもいっぱいくれ、子供が喜んで遊んでいます。

布団やおもちゃなど、節約になったのはもちろんですが、

1つ1つに大切な思い出があって、誕生日に買ってもらったぬいぐるみや、

名前をつけて遊んでいたものなど母と昔話で盛り上がりとても良かったです。

 

そんな大切だったおもちゃを次は子供がいっぱい遊んでくれていて、

こんなに嬉しい気持ちになるんだなぁと感じました。

子供の頃の思い出の物は断捨離せずにとっておいてもいいこともあるなときずかせてくれました。

 

しかし、いいかげん断捨離しないといけないと焦っているものもあります。

それは服や下着です。

もともと捨てられない性格なので、何年も着ていない服も、

まだキレイだし置いておこうと着ていない服の方が多いぐらい捨てられずにいます。

 

シーズンごとに服をまとめて購入している私は、

新しく服を買ったときにいらない服を探すのですが、

なかなか捨てられずクローゼットが服でいっぱいになってしまいます。

このままではだめだと思い、服をおもいきって断捨離しました。

 

捨てるのはやはりもったいなかったので、リサイクルショップに持っていこうと決めると、

何故か着ていない服をたくさん手放すことができました。

今までたまっていた何十着もの服とさよならしました。

 

断捨離してみて、こんなに心がスッキリするなら

もっと早くやっておけば良かったと思うぐらい晴れやかな気持ちになりました。

今回は2年以上着ていない服はさよならする、と自分でルールを作りました。

そうすると悩まずにすんで、断捨離もスムーズに終わりました。

今ではクローゼットもスッキリして断捨離してよかったなぁと本当に思います。

 

大切なものを置いておくことも大事ですが、

自分に必要の無いもは断捨離して心もスッキリさせることも大切なことだと思いました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL