収集することで安心する

自分の価値を、物の量で量っている人がいます。

 

バブル時代を経験した人は、仕事の成功の証として、

家の広さや、物をたくさん手に入れることという感覚が身に付いています。

 

家の中に、ある程度スペースがあると、

その空白に何かで埋める必要性を感じてしまうのです。

空白であるよりも、物でいっぱいになっている方が安心できるのです。

 

30足収納できる靴箱があれば、隙間無く30足の靴を詰め込む。

キッチンの引き出しには、食材を何年分も押し込む。

そうしないとスペースが損している気がするのです。

 

そもそも日本人は昔から、「これは使わないから」という不用品ほど、

すき間などの奥の方へ押し込む習慣があります。

でも、滅多に使わない物を目に付かない場所へ隠した瞬間、それは死蔵品への道をまっしぐら。

 

トイレットペーパーやラップ、食品など、「安かったから」という理由で、

大量に買い込み、押入れに詰め込んでいる人もいるでしょう。

 

これは、必需品が「なくなると不安」という気持ちの表れです。

しかし、ストックしておくにも、消費量に見合った適正量があるはずです。

 

もう既に在庫で家がパンパンだというのに、

買い物先で安売りのティッシュを見つけると、また買い足してしまう・・・

こうした物を「いつか使う」と信じ、引き出しからはみ出すほど、溜め込んでしまいます。

 

必要以上のストックは、ある意味で「安心」を買っているようなものなのでしょう。

 

逆に、そういう人は物を捨てると不安になり、落ち着かなくなります。

今までの状況が変わってしまうと、人は不安を抱くのです。

 

それに反して新しいこと、初めてのことには不安を感じます。

だから人は、今持っている物に固執し、今までの状況に執着するのです。

 

コンビニでもらった割り箸や、プラスチックのスプーン、食品についてきた保冷剤や紙袋などは、

日常的に出番はあるかもしれませんが、無尽蔵にある必要はないものです。

 

一定の量が必要な物は、「何個まで」だとか、「この場所に納まる分だけ」といった制限を設けるようにして、

さらに、ストックボックスなどに入れて、あえて目に付く場所に置き、使い切ることを考えるようにしましょう。

「今」必要な量だけにすることで、物置状態だったスペースにも余裕が生まれます。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL