化粧品の断捨離

断捨離とは、物への執着を捨てて、

身の回りをきれいにすることで心もすっきりさせるという生活術です。

 

いざ実践しようとしても、なかなか物を捨てられないという人は多いです。

特に女性の場合は、洋服やバッグ、小物など、周りがものにあふれている人は多いものです。

 

特に化粧品をなかなか捨てられないという方は多くいらっしゃいます。

まだ使えるから、大丈夫と捨てずに取っておいてしまう事もしばしばあります。

でも、それが肌トラブルのもとになることをご存知ですか。

期限切れを使うことでもたらされる代表的な障害は、炎症と感染ですが、

最悪の場合は失明や皮膚がんの恐れだってあるのです。

 

ここでは化粧品の断捨離を行いたい人へ、化粧品の捨て時をお教えします。

まず基礎化粧品の使用期限は、未開封の状態で1年から3年と言われています。

ファンデーションは開封したら、2、3ヶ月で使い切るのが理想です。

ですから,一年以上前の開封して使わなくなったものは、速攻捨てましょう。

 

そして口紅は、開封してしばらく経った場合はどうかというと、

とにかく匂いを嗅いでみてください。

その時に異臭を感じたら、潔く使うのは諦めてください。

 

この異臭は、原料に使われる油が酸化してしまったことを意味します。

それから、アイシャドウの寿命はとても短い事を認識してください。

目の粘膜周辺で使用するものなのでバクテリアが繁殖しやすく、

また目の健康を保つには、3カ月おきに買い替えるのが理想です。

このように化粧品の使用期限は非常に短いです。

もしも使わないで引き出しにしまってあるのなら、はやく捨てましょう。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL