モノが捨てられない時代です

モノが捨てられない時代です。

どういうことかというと、物があふれていて、それを思うままに買っていると、

家の中は物ばかりになり、それを断捨離せずに放置すると、

あっという間に家はモノに占領されてしまうということになるのです。

 

現代は、使ったら、もったいなくても捨てる時代になってしまいました。

常に断捨離のことを念頭に置いて生活しないと、次々に家族の物が増えてしまいます。

 

特に、子供の思い出のものも教科書も、学年が上がるごとに断捨離していかないと、

家は本で埋め尽くされる、都会は特にそうなのです。

思い出はデジタルで残すしかなさそうです。

またはよく見て記憶にとどめる、それしかありません。

 

都会生活は、常に断捨離することが基本となるでしょう。

洋服も、溢れるほど買うことはできません。

考えないといけないですよね。

 

頭の断捨離も必要です。

一度、立ち止まって考えることが必要になります。

 

一昔前、大きな上等の家具で暮らしていた時代は幻のようです。

もちろん、そのほうが快適なのですが、維持ができない時代になっています。

 

モノを捨てるのに、規制がたくさんあり、それに従わないといけなくなり、

当たり前ではありますが、モノの捨て方を考えながら購入するしかないのです。

時代は変わりました。

 

それでも、中には、不用品を引き取ってくれる業者もあります。

なんだか貴重に思えてきます。

 

体の断捨離も必要です。

クリニックで体のメンテナンスもある意味、断捨離の一種です。

無駄なことにならないように、早めに予防することです。

これも、今必要なことですよ。

 

お年寄りに、クリニックを占領させることはありません。

お年寄りになるその前に、メンテナンスすることがどれほど、

後々の体の断捨離につながるのか、だんだんとわかってくる時代になりつつあります。

 

薬も、いい薬が相当に安いのです。

クリニックに行かず、若いから、サプリでなんとかというけれど、

それよりも、クリニックのお薬の方が上等です。

 

モノを捨てるのにお金が掛かります。

それも、早めに断捨離しておかないと、高額になってしまいます。

子供が払うことになります。

捨てられる家具・いつもそれを心がけないといけません。

 

重いもの。これも大変です。

アメリカ型のように家も住み替えが多くなると、断捨離も必然です。

定住型だと、断捨離はなかなかはかどりませんよね。

家の敷地に広さが確保されますから。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL