これだけはどうしても断捨離できません!

私は、子供のころや学生時代に着ていたTシャツやチェックなどの柄シャツで、

特に思い入れがあって、ものすごく気に入っているものを、手放すことができません。

 

私が今まで生きてきたそれぞれの年代で、柄やプリントのデザインや着用感など、

気に入ったものは全て、着なくなってもコレクションとして残しています。

 

ときどき、そのコレクションから引っ張り出しては着て、

そのシャツを着ていた当時を思い出しながら、

部屋でまったりするひとときが、いちばん癒されます。

 

その各年代ごとのコレクションですが、

これまで購入後、古着店からフリマアプリに至るまで、

同じものを見かけたということは、ほとんどありませんでした。

今後も、二度と手に入ることはないものばかりだと考えるとなおさら、

手放したくない気持ちが強まります。

 

 

◯Tシャツロスのトラウマ

私が中学生のころ、有名スポーツブランドの、

胸にワンポイントでロゴの刺繍の入ったTシャツを、

親のお仕着せではなく、初めて自分で選んで購入しました。

以来とても気に入り、辛いときも楽しいときも、

そのTシャツを着て過ごしてきて、非常に思い入れを感じておりました。

 

ところが、大学生時代のある日のことでした。

当時私は実家で両親と暮らしておりましたが、

家にいるときは常に、過保護・過干渉で支配的な母親とは、対立していました。

 

私が大学の講義を終えて帰宅後、

自分の部屋のタンスの中が、異様にすっきりしていることに気づき、

隅々を確かめたところ、その思い入れのあるTシャツの他、

お気に入りの服が全てなくなっていることが判りました。

 

私が隠し事をしていないかと様子を窺うために、

私の母親は過去にも、勝手に部屋を物色していたことが幾度もありました。

そのために、母親の仕業だと直感した私は、

彼女を問い詰め、彼女が私に無断で大切なTシャツなどを捨てたことを白状しました。

その日私は、母親と大喧嘩したことは、言うまでもありません。

 

母親への恨みは、いつしか自分自身の自立への原動力となり、

以後、親から独立して自活することを目指すようになりました。

 

一方で、大切なものを失ったショックは拭い切ることはできず、

その悲しみを埋めるために、都内などの大きな公園で開催されるフリーマーケットで、

捨てられたものと同じTシャツや、

欲しかったけれども買いそびれてしまったシャツを求めて、

会場をはしごするようになりました。

 

 

◯今もなお、断捨離と逆行中

長年、フリーマーケットの各会場や古着店で買い漁り、

後にネットオークションやフリマアプリで購入してきた、

これらのシャツのコレクションは、トランクルーム2帖ではもはや、

入りきれなくなりつつあります。

 

現在、収入もままならないため、これ以上コレクションを増やしたり、

追加のトランクルームを借りる余裕はないことは分かってはいるのですが、

過去のトラウマから、「今買わなければ、二度と手に入らない」

という強迫観念に駆られてしまいます。

かと言っても、断捨離を実行すると必ず、後悔をするであろうことは目に見えています。

また、その時代ごとのファッションの詳細など、なかなか記録に残りづらいものであり、

現物を残すことも、貴重な記録だと思っております。

 

断捨離に頼らない、良い方法を模索しながら、

今まで入手してきた、これらのシャツのコレクションを維持していこうと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL