遅れてやってきた断捨離ブーム

断捨離という言葉が流行っていた頃、

「そんなになんでも捨てちゃってもったいないなあ」

とのんきに思っていました。

しかしそんな私も最近思うところがありました。

 

私と夫2人暮らしの我が家の服の収納は、

押し入れの左右にそれぞれスペースをもうけ収納していました。

IKEAやニトリなどで購入したものを使いうまくやっているつもりです。

 

何だか最近、押し入れの戸を閉める時、私の服が飛びだしており、

ぎゅっと押し込んでから閉めていました。

対する夫の方は、持っている服も少なく、

そのため掛けてある衣類も多くないのでスッと閉まります。

私の方の戸だけ、開ける時も閉める時も

中でモチャっと服がパンパンになっている音がします。

 

そんなことですが、その小さな出来事が

私のどこかに眠っていた断捨離という言葉に火をつけました。

 

押し入れに詰まっている服を全部取り出し、とりあえず畳んで並べてみました。

こんなに衣装持ちだったのか…と少し驚きました。

 

まずは、もう絶対に着ないと思うものを避けようと取りかかったのですが、なかなか出来ません。

どんな物でも、その時は良いなと思ったものですし、

当時はけっこうお値段がしたり、

これはネットショッピングで探して購入したものだ…

とか全体的に見たら時代遅れだけど、この襟の部分がすごく素敵なんだよなあ…

など、去年一度も袖を通さなかった服でもどこか良い所を探してうーんと悩んでしまいます。

 

極めつけは、お決まりのでもいつか着るかもしれないし…で、まったく進みませんでした。

 

これはいけないと思い、ちょっと着てみたら気が晴れるかもしれないと

迷っている物を片っ端から着てみました。

その時想像したことが「この服を着て行けるのはどの範囲までか」ということです。

部屋着になら良い、コンビニまでならいける、

スーパーの買い物にいける、休日のおでかけにいける、

良いお料理屋さんにいけるなどです。

 

私の場合スーパーの買い物にいける程度の服が大量にあり、

こんなにスーパーにおしゃれして行ってもなあとだいぶ減らす事が出来ました。

そして部屋着になら良いとしていた、

おかしなTシャツや謎のデザインの服などは思い切ってすべて処分しました。

そしてコンビニまでなら行ける服を部屋着としました。

 

これがなかなか良く、今まで急に宅急便の方などが来た時に、

ぼろぼろの格好で恥ずかしいな…着替えたいなと思っていたのですが、

それが無くなりました。

 

こうして押し入れの戸もすっと閉まるようになり、気分が晴れやかに。

なるほど、断捨離派流行るわけだ、と深く納得しました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL