衣服の断捨離について

気がつけば、クローゼットの中がいっぱいになり、洋服が積み上げられていませんか。

あれ、あの服どこに行ったかなと探しているうちに、

服の雪崩が起き、もうどうしようもない状態になってはいませんか。

 

衣服は、勢いで買ってしまったり、気持ちを切り替えるのに必要なものなので、

必要最低限に留めるというのは女性にとって難しいことかもしれません。

服だけではなく、バッグ、靴、帽子、下着など、

小物も合わせるともの凄い数になります。

 

しかし、クローゼットから溢れる程の洋服を全て着こなし必要としているか考えると、

案外そうでもないものです。

衣替えの時期にあわせて、思いきって断捨離してみると良いかと思います。

 

私の場合、衣服はカテゴリに分けます。

フォーマル、礼服、普段、お出かけ、部屋着の5つです。

その他に、運動用などもありますが、主要なものは5つのカテゴリに分類されます。

 

そこで、それぞれ必要な枚数を決めます。

例えば、礼服は2着、部屋着は3着などです。

必要な枚数を上回る服について、本当に必要かどうか見極めていきます。

 

ポイントは、まずシーズンを通して着たかどうか。

1度も着ていない服が必ず出てきます。

それは、迷わず処分します。

 

高価だったものはなかなか処分できないかもしれません。

どうしても持っておきたいものは1着なら許すことにして、

それ以外はリサイクルショップや友人へあげる、

兄弟でシェアするなどの方法をとります。

 

また、毎日のように着続けた服も考えましょう。

毛玉や擦りきれなど布地が傷んでいる場合、他にも同じようなものがあれば処分します。

もったいなければ、生地にもよりますが雑巾として利用しましょう。

感謝の気持ちもわいてきます。

 

そして、小物系ですが、流行りのものは次のシーズンで使えるかどうかわかりません。

綺麗な状態なら一応とっておいて、またシーズンきた時に判断するようにしましょう。

 

下着は、気づけば同じようなものを着回している方も多いと思います。

ヨレヨレになっていれば、思いきって捨てましょう。

下着は一番身近なものですから、本来なら一番買い換えの頻度が高くても良いものです。

シーズン毎に見直しましょう。

そう考えれば、ストックはそう多くなくても良いはずです。

毎日洗濯すれば、3着あれば十分ではないですか?

 

少し特別なものと、生理用、予備のものは別で少しだけ置いておきましょう。

そうするだけで、明らかに数が減るはずです。

 

クローゼットを綺麗にしたら、今度は1着買う度に1着減らせば良いのです。

クローゼットが整っていると、それだけで気持ちが何だか前向きになり、

女っぷりも上がった気分になりますよ。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL