減らないお洋服を断捨離する考え方

普段アパレル販売業をしていてプライベートでも洋服が大好きな私は

気づけば新しいお洋服を探しにショッピングモールを散歩してお気に入りのショップへ入店。

お家によく似たお洋服があっても「色が違う、デザインが違う」と言い訳して

キュンときたらすぐ買ってしまいます。

 

そしてとてつもなく飽き性なので一ヶ月もあれば飽きてしまいます。

だから、また新しいのを買う。

 

恐ろしく病気のようにお洋服を買い集める私がある日、クローゼットを開けて唖然となりました。

驚くほど大量のお洋服がクローゼットに押し込まれていました。

 

「服が可哀想」

そう思い私はフリマサイトを開きました。

フリマサイトは写真を撮って自分で価格を付けて

その商品を気に入ってくれた方がコメントをしてくれて

交渉し合って成立すれば購入者様へ商品発送をするだけで売上が入ります。

 

とても気に入って着ていたお洋服なので古着屋さんなどに持っていくのではなくて

直接気に入っていただいた方のお話を聞いてから売却したいと私は感じたので

フリマサイトで15点ほど売却しました。

すると、クローゼットはスッキリと片付き、購入者様はとても喜んでくれて

2ヶ月で3万円ほど臨時収入が入りました。

 

お洋服や靴、アクセサリーなどファッション類の断捨離に大切なポイントは

「同じカテゴリーのものは2個持たない」ことです。

例えば靴はスニーカー、パンプス、サンダルは一足ずつあれば十分なので

着回しやすいものを一足ずつに持つようにします。

 

トップスなどもとても気に入って色違いを買うはOKですが、

同じようなブラウスが二個あるようならひとつは諦めましょう。

持っている服の点数が減るとコーディネートを着回し力を考えてアレンジしながら着まわせるので

今までとは違うファッションにチャレンジしたりマンネリだったファッションが少し変わってきます。

 

パリジェンヌはお洋服を10点までしか持たないそうです。

そして、1点新しく買った時は持っていたものを1点手放すそうです。

だから、最低限のトレンドアイテムだけでコーディネートを考えて

シンプルだけどオシャレな人になれるとゆうわけです。

 

その話を知って私は納得しました。

そんな人は素敵だなと感じたので私はいつも断捨離を考えて

今はあんなにあったお洋服は3分の1になりました。

 

断捨離は損をするイメージですが減らせば得をすることもあるので

思い切って今までお気に入りだったお洋服を断捨離して

新しいお洋服のと出会いを楽しんでもいいかもしれません。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL