服の断捨離をしたら、気持ちが楽になりました。

私はファッションが大好きです。

だから、若いときは頑張って働いたら毎月のように洋服を買っていたし、

毎日仕事終わりにウインドウショッピングをして

今度はこれを買おう、買うために頑張ろうって思っていました。

 

毎日コーディネートを考えて会社でおしゃれだね、

って言ってもらえるのが嬉しかったんです。

 

いろんな色の、いろんなデザインの洋服を買って、

それに合う靴を買って、満たされた気持ちでした。

 

でも、結婚して同じ暮らしができるわけがありません。

主婦になって子どもが生まれて、仕事をやめると、

それらの服は出番もないまま、クローゼットを占領し続けていました。

 

あるとき、もうデザインも古くて、今の自分には絶対に似合わないとわかる洋服を前に、

もう昔の自分と今の自分が違うんだということがはっきりとわかったんです。

 

ひととおり、袖を通してみました。

あんなに似合うと思っていた洋服が浮いているとちゃんと鏡の前でわかると、

もう必要がないんだということを自覚できます。

 

自覚できたら、手離せるチャンスです。

当時の洋服はデザイン重視、子どもがいるとなかなか着こなせませんでした。

おしゃれなママがいいとはいえ、やっぱり年齢相応のおしゃれをしないと痛々しいですよね。

 

それなりのブランドを買っておいてよかったと思えたのは、

無料で段ボール箱まで送ってくれる買い取りサービスに送って、

数千円でも査定をつけてもらえたときです。

きれいに保管して、誰か必要な人に渡っていくならそれでいいか、

私はもう充分その服を使いこなして、今はもう着れないんだからと踏ん切りがつきました。

 

そして一度全部の持ち物とじっくりと向き合うことで、

時代にあっていない、毛玉が多いな、こんなに胸元が開いている、、

もう年齢的に無理だななど、改めてみたらとてもじゃないけど着れない服だって

奥の方に眠らせていたことがはっきりします。

なくなっても全然問題ありませんでした。

むしろなくなってとても心がすっきりしました。

 

昔は昔なんです。

いつか着られるなんてないんだとわかりました。

 

クローゼットがすっきりすると、部屋の外にあふれでていたものを収納することができます。

部屋がすっきりすると、掃除がしやすくなって子どもが少しくらい散らかしても心に余裕ができます。

 

今着られるお気に入りの厳選した洋服だけを毎日ローテーションすることで、

タンスの肥やしになる服がなくなり、風通しもよくなります。

 

自分の服を把握することで、気持ちが楽になりました。

体はひとつです。

あるだけの洋服をぼろぼろになるまでたくさん着倒そうと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL