服の断捨離で自分に似合うものと暮らす

服の断捨離は、簡単な様で難しいことですよね。

労力がかかる大変さに、なかなか取り組めないのが現状ではないでしょうか。

 

捨てられない理由に、

・いつか着るかもしれないから

・似合わないし着ないけど高かったからもったいない

・好きじゃないけど貰い物だから

・もう古いけど昔の思い入れのある服

・とりあえず着てるものがなくなると着る服がなくなる

などの理由が挙げられると思います。

 

では、これらの理由を踏まえた服がクローゼットに長年存在しているとして、

その服達をまた着たいと思うでしょうか。

それを着てお気に入りの場所に行きたいでしょうか。

クローゼットを見るたび、自分が嬉しくなるでしょうか。

 

きっと、そうはならないと思います。

断捨離をするのには勇気のいることですが、

一度、覚悟を決めて取り組んでみると、意外と清々しいものです。

 

 

服の断捨離の仕方

・流行から外れた服を捨てる

服には、流行がありますよね。

明らかに流行が終わったと判断した服は、着ていても気分が上がらないし、

恥ずかしい思いもするかもしれません。

 

また回ってくるまでとっておいても、

細かなディティールやデザインなども変化している可能性もあるため、

処分してしまう方が場所も取りません。

断捨離を考えているなら、潔く処分してしまいましょう。

 

 

・貰い物はもらった時に役目を果たしている

貰い物でなかなか捨てられない。

そういう場合もありますよね。

しかし、貰い物は、貰ったその時、すでにその物の役目を果たしたと考えることもできます。

折角貰った物でも、着用されないままクローゼットにずっとかかっているのはあるもないも同じ事。

役割を果たしてくれてありがとうという気持ちを持って捨てれば少しは罪悪感も薄れるかもしれません。

 

 

・高かったものは…

自分のお財布からお金を出して、頑張って買った物。

着ないけど、似合わなくなったけど、捨てるのはなんだかもったいない。

この気持ちも、わからなくはないですよね。

しかし、値段に囚われていても、この物に、価値はありますか。

いつまでも持っていても、自分を幸せにしてくれるでしょうか。

お店には、もっと似合うものがたくさんでてくるでしょう。

 

過去の物に囚われ過ぎて、新しい物を取り込めなくなってしまっていたら逆にもったいない話です。

捨てることに抵抗があるのならば、少しでもお金になるリサイクルショップに売りに行ったり、

フリマサイトに出品するのも一つの方法だと思います。

 

 

・パーソナルカラー・パーソナルデザインを知る

雑誌や本でもよく目にする、自分に似合う服や色を知ること。

似合わない、なんかしっくりこなかったという疑問が解決されたり、

自分のクローゼットを断捨離しやすい目安となるのではないでしょうか。

自己診断で迷いがあるなら、プロに診断してもらうのもオススメです。

気分も上がり、自分に似合わない物をすぐに断捨離したくなるのではないでしょうか。

 

断捨離をするまでは、服を全部出したり、一つ一つ判断する労力がかかりますが、

断捨離後の自分の好きな物しか残っていないクローゼットを考えると、ワクワクしてきませんか。

新しい物を取り入れるスペースができたクローゼットに、最新の流行の物を取り入れたり、

新しく輝くアイテムを取り入れると、断捨離した労力も報われると思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL