最近ついてない日が多いと感じた時には

自分の住む家が物であふれているというのは、生活していてあまり良い気分ではありません。

また、物であふれている家は気の通りが悪いと言われ、運気が下がると言われています。

日々、運が無いかも、ついてない日が続いていると感じてしまった時には

断捨離をしてみるのがおすすめです。

 

いろいろなメディアでは断捨離を特集していますが、

実際に自分の家でやるとなるとやろうという気持ちになるまでは重い腰が上がりません。

 

断捨離をする時に気をつけたいことは、あまり無理をしないで続けるということです。

一日中やるとなると精神的にきついですが、1日1箇所と決めて行うと気持ちは楽になります。

また、それを何日間も続けるというきついですが

時々やらないという日を作ると断捨離というものを楽に進めることができます。

 

断捨離を進める時に一番に取りかかると良いと言われているのは、衣服類です。

衣服類が片付くと気持ちの上で断捨離がだいぶ進んだように感じます。

そして、衣服類で断捨離をするということに感覚が慣れてきます。

慣れてくることで、そのほかの食器や本、書類を断捨離しやすくなります。

 

衣服類の断捨離は、特に女性の方だと多く所有している方が多いので

大変だというイメージがあると思いますが、

毎日着ているもので生活に身近なものなので

断捨離するか断捨離しないかを判断しやすいのが衣服類です。

1つずつ見て自分にとって必要か必要ではないかを判断していきます。

 

中にはどうしたらよいのか迷ってしまう服もあると思います。

迷った場合にはその場で着てみて判断する方法もあります。

 

それでも迷ってしまうという場合には一時的に保管しておく場所を作っておくのがおすすめです。

そして一時的に保管しておいたものを着るべきシーズンが来たときに

自分がその服を選ぶかどうかで決めると良いです。

 

その服を選ぶ場合には断捨離はせずにいつものクローゼットに戻し、

選ばない場合には断捨離してしまうという方向に進んで行くと良いです。

 

衣服類で断捨離が慣れてくると、その他の食器類や本、書類などの断捨離はとても楽です。

多くの方は書類が捨てにくいと感じていますが、

書類は基本的に期間が過ぎてしまったものは断捨離してしまう方向で大丈夫です。

 

また、さまざまな機関などから届く確認のための書類も

再びある程度の期間が過ぎると届くので

自分で届いた時に捨てるという習慣が出来ていると

書類を溜め込んでしまうというのはなくなります。

 

断捨離はやろうと重い腰を上げるまでは億劫なものですが、

やり出し終えた時には家という空間も自分の気持ちも気持ちが良いものになっているはずです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL