優柔不断の断捨離法

本気で断捨離をしようと思うと、丸一日かかっても終わらないことがあります。

特に服の断捨離は、一度捨てようと思っても、

「もしかしたらまた着るかも」と思うとなかなか決心がつきません。

大昔に着ていた服を引っ張り出して、懐かしいなぁなんて眺めていたら

あっという間に時間が過ぎてしまいます。

 

過去にもう着ないと思って奥底にしまっていた服が、

今になって着てみたら意外とかっこよかったり、

買って満足して一度も着ていない服が見つかったり、

何故こんな服を買ったんだろういうような個性的な服が見つかったり、

色々な発見があって楽しくなってきます。

 

タンスの中を整理しようとして、

いつの間にか一人でファッションショーをしてしまった

という経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

それに、自分で気に入って買ったの捨てるのは気が引けます。

それぞれに思い出もありますし、その服をよく着ていた頃の情景が蘇り、

またそっとタンスにしまってしまうこともあります。

 

捨てるもの、まだ着れるかもしれないものとグループ分けをするのですが、

まだ着れるかもしれないものグループがどんどん増えてしまうのです。

 

そこで私は、服の断捨離についてはリサイクルショップに持っていくことにしています。

誰かが着てくれると思えば、思いきって手放すことも出来ます。

リサイクルショップに持って行っても大金にはなりませんが、

気軽に売ることが出来ますし、ただ捨てるよりは得した気分になれます。

 

また、断捨離は思い切りが大切だとは思いますが、

どうしても迷ってしまう方は一度に全部やってしまわなくても良いと思います。

 

まだ着れるかもしれないものグループは無理に捨てず、

一旦保留して普段着る服とは別の場所に保管しておいて、

少し経ってから本当に不要なのか、また着たくなったものがないかなどをチェックします。

そこで何度かふるいにかけて、本当に必要のないものから捨てていけば良いと思います。

 

保管場所は必要になりますが、すぐに判断できないものは分けておく、

それだけでもまた断捨離をしなければいけないという意識も強まりますし、

あまり溜め込まずに定期的に断捨離する習慣づけにも繋がります。

 

但し、期限を決めておかないといつまでも捨てることが出来なくなる可能性もありますので、

きちんと次回の断捨離はいつ行うかを決めておくことが大切だと思います。

定期的に断捨離すれば、溜め込み過ぎて手に負えなくなることもなくなります。

断捨離を習慣化することで常にすっきりした気持ちでいれるのではないかと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL