どうしても手放せないものの断捨離方法

昔からおしゃれが大好きだったので

洋服や靴、ブランドのバッグなども

独身の頃は数えきれないほどの数を購入していましたが

結婚して子どもが生まれるとプチプラな服やバッグも買いますが

長く使用できるような少し高額な物も購入するようになり

年齢と共に自分に似合うものだけを購入するようになりました。

 

独身の頃と比べると購入できる金額も数も限られているので

かなり厳選して購入するようにしていますが

厳選して、選び抜いて購入しても自分には似合わなかったり合わせにくいなどの理由で

使用しない、着用しない古着もたくさんあり

あっても着ないなら、使わないならと断捨離を行うことにしました。

 

ずっと着ない、使っていない洋服やバッグ、靴は思い入れがないので断捨離も簡単ですが

買ったばかりであまり使用していなかったり

まだ着るかもしれない、断捨離したら後悔するかも

と少しでも思ってしまうと結局そのままの状態で保管することになり

数年後にまた断捨離するかどうかで悩まなくてはならないので

自分なりのルールを決めて断捨離を行うことにしました。

 

よく1年着ない服は捨離すると聞きますが

1年くらいだとまだ断捨離する気持ちにならないものもあり

流行りの服でなければまだ着れる、使えると思うようなら

無理やり断捨離はせずとにかく自分の体形に似合うのか、コーディネートできるのかで

断捨離するものを決めることにしました。

 

これでは全く断捨離が進まないと思われがちですが

洋服や靴を購入してから数か月、1年たつと体重が変化していなくても多少体形が変化しているので

購入当時はに合っていても袖の長さが気に入らない、

二の腕がきつい、ボトムのウエストや太ももがきついなどの着心地だと

これから先も着用する可能性は低いので

現在の自分の体形に合う、体形を綺麗に見せてくれる洋服を購入しなおすことにしています。

 

靴は履き心地が重要なので履いていて足のどこかが当たる、こすれる、

歩くと疲れるなど足に負担が感じたときもこれから着用する回数は増えていかないので

断捨離をして自分の足のサイズ、形になって靴を探し購入することにしています。

 

ただ不必要なものだけを処分することが断捨離ではないので

洋服、靴やバッグなど、断捨離すると決めたものも

リサイクルショップやブランド品の買取ショップなどで買い取ってもらえるものは買取をしてもらい

そのお金を新たな洋服やバッグの購入資金にあてたり

もう使わない、売れるようなものでない時は雑巾にしたり地域のバザーなどに寄付したりして

自分が購入して大切にしていたものも後悔がないように断捨離で処分するようにしています。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL