断捨離のリバウンド

洋服と本を中心に断捨離を決行しました。

「断捨離祭り」状態で、結構な量を断捨離できたと思います。

 

洋服で言うと、安物買いの銭失いのような感じで、たくさん溜め込んでいた服を15着ぐらいに絞れました。

元々ファッションに興味がなかったので、この数でやっていけると思いました。

 

本は好きで、すぐに買いに行ってしまうのですが、何度でも読み返したい本以外は処分しました。

本棚はガラガラになり、本棚自体が不用品のように思いました。

 

断捨離後は部屋の荷物がごっそり減って、物が少ない分、掃除もしやすくて、なかなか快適な状態が続きました。

部屋に散らばった物を片付けなくても片付いているというのが、断捨離の魅力だと思います。

 

そして、計画していたかのようにリバウンドが起こりました。

ファッションに全く興味のなかった私が突然ファッションに目覚め、新しい洋服を連日買いに行き、

研究のためにファッションに関する書籍もどんどん買いに行くという事態になってしまいました。

 

部屋が片付いていると、気持ちも前向きになり、やる気が出ます。

すると、新しいことにチャレンジしたくなるような気持ちが芽生えました。

それが、私の場合は、ファッションでした。

家族も何故か協力的で、断捨離したはずの私にファッションのアドバイスをしたり、

買い物に進んで連れて行ってくれるようになりました。

 

ガラガラになったはずの収納は、私が新しい物を買うために開けていたようになってしまいました。

服や靴の収納はどんどん埋まってしまい、断捨離した意味はなかったのかな、何だったのかな、

と思いましたが、よく考えてみると、断捨離したお陰で、ファッションという新しい趣味が見つかって、

結果的には物のリバウンドはしたけど、断捨離して良かったのではないかと思います。

 

物はたくさん買ってしまいましたが、もう捨てるのは勿体無いので、

洋服は必ず試着してから買うようになりましたし、

買うなら置き場所を考えてから、買うようになりました。

今の部屋の状態は、断捨離後のスッキリ感はなくなりましたが、

断捨離決行以前のように「買ったことも忘れてたわ」となりそうな収納の仕方には、

今のところなっていないと思います。

 

そして、「もう置く場所がないなぁ」と思うと同時に購買意欲も下がり、今は洋服もまた買わなくなっています。

買った洋服も今までとはまったく系統が違うので、断捨離で処分した洋服にも意外と未練はないです。

 

断捨離後に買った洋服や物は、なるべく処分しないで良いように、大事に使っていきたいと思いました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL