断捨離のおかげで前向きな気持ちになれた体験談

私が断捨離に取り組み始めたきっかけは、仕事や人間関係の悩みが重なったことでした。

もともと考えすぎる性格のため、いくつか悩みが重なってしまうと、

何も手がつけられないほど落ち込んでしまいます。

しかし、いつまでも沈んでいるわけにはいかないと、

図書館で何冊かの自己啓発本を借りて読んでみました。

すると、どの本でも「部屋が散らかっていると気分が落ち込みやすい」と書かれていました。

 

始めは半信半疑でしたが、たしかにその頃の私は片づけをまったくせず、

部屋は散らかり放題でした。

そこで、ものは試しにと断捨離をスタートさせたのです。

 

私の部屋には小さめのウォークインクローゼットが備え付けてあり、

普通の人ならほとんどの洋服をそこに収納できたでしょう。

しかし、私は学生の頃から洋服を集めるのが好きで、

部屋には大量のブラウスやスカートがありました。

並のクローゼットには収まりきらないほどあったため、

急遽、部屋の中にポール付きの洋服掛けを用意したほどです。

 

私の断捨離は、たくさんの洋服をどう処分するかがポイントでした。

まず、洋服は一着ずつ毛玉やほつれが無いかチェックします。

状態が悪くなっているものは、思い切って捨てることにしました。

これを断捨離の第一段階とします。

 

第二段階では、一年間着なかった服を選別し、段ボールに詰めます。

すぐに捨てるのが忍びなかったため、私はいったん段ボールに詰め込み、

しばらくしてからゴミとして処分しました。

 

最終段階となる第三段階で、着回しできる服とできない服に分けます。

着回しできない派手な服は、よほど気に入っているものを除いて、すべて処分しました。

 

こうして、部屋の大部分を占めていた洋服たちの断捨離に成功した私は、

次に本や手紙の片付けに取り掛かりました。

どちらもかさばる上、捨てるには抵抗があるものです。

 

そこで、本は電子書籍に切り替えることにしました。

データとして読むことができれば、わざわざ紙媒体を部屋に置いておく理由はありません。

手紙はスマートフォンで写真に撮り、こちらもデータ化してしまいます。

これにより、本棚やラックがかなりすっきりしました。

 

断捨離に取り組んでみて、今までより頭の中がシンプルになったような気がします。

一日のほとんどを過ごす部屋がきれいに片付いていると、

だんだん思考もスマートになってきました。

悩み事は「どう解決するか」という一点にのみ注目し、

他の雑事は気にしない、以前より前向きな性格になったと思います。

 

断捨離中「これは自分にとって本当に必要か」と自問自答する機会が多かったため、

そのおかげで本当の自分の性格に気づけたのだと考えています。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL