断捨離、一度すると癖になりますよ!

私は引っ越しをきっかけに断捨離をはじめて、

今では無駄なものがあるとモゾモゾするくらい

家の中は必要なものしかいらない!と思えています。

 

断捨離をするには家の中を片付けないといけない

ということがまず浮かぶと思います。

 

私の場合はもともと片付けは得意だったので、

家の中がカオスな状態などと言うことはありませんでしたが、インテリア雑貨が大好きで、

ちょこちょこと小物を飾ったりすることに楽しみを見いだしていた時期でした。

 

でも小物って結構ほこりがたまるんです。

お気に入りで飾っているはずなのにほこりがたまっていると意味がないですよね。

 

一度全部なくしてしまうと、なんてすっきりした空間なんだろうと清々しい気分になれたんです。

もともと小物を飾るセンスがなかったのかもしれません。

 

一度物がなくなってすっきりした気持ちよさを味わうと、

今度はどこが減らせるだろうかとわくわくした気持ちになりました。

 

キッチンにも見せる収納を意識していたのですが、一度物の量を見直してみました。

用途が同じなものはひとつあれば充分だと決めてしまうと、2つあったものを手離せました。

何人家族なの?ということを基準にすると、お皿の量が減らせました。

ノベルティーでもらった食器などは全捨てできました。

 

空いた場所に、見せる収納をしていたものを収めると

やっぱり掃除がしやすくてすっきりした空間を手に入れることができたんです。

見せなくてよかったんだと思いました。

 

手の届きにくい釣り戸棚の上段はもう何もおかないようになりましたし、

その段が必要ないくらいのキッチングッズの量をキープできています。

ひとりで調理して、片付けながら作業をすれば、

あれこれ買いそろえて用途分けしなくても、次々出して溢れかえらせなくても、

洗えばいい、代用すればいいんだとだんだんわかってきたんです。

 

きれいに収納すればいいんだという考え方も少し変えてみました。

収納グッズをたくさん買いそろえるのを止めてみました。

そのまま間隔を開けて収納するほうが、ずらりと箱を並べるより取り出しやすいです。

 

大は小を兼ねることがわかれば、いくつもの小さなボウルを重ねて持つこともしなくていい、

最小限でいいんだとわかりました。

お気に入りのものは毎日でも使いたい、いざというときのための食器など必要ないんです。

 

幸い我が家は高価な食器や、無理して買ったものなどはなく、

なんとなく捨てられなかった頂き物や、ノベルティ、キャラクターものなどを捨てるだけでも

こんなにすっきりしたキッチン収納ができました。

必要な量だけを大事に使い続けたいと思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL