ライフスタイルを変える為の断捨離

私は以前転職に失敗し、ブラックな飲食店で働いていました。

サービス残業三時間は当たり前、給料も訳もなく減らされる・・・

正直生きる事だけで精一杯でした。

 

心も体も病んでしまい、行政機関の力を借りて、何とか生活の立て直しと退店をしたんです。

しかし夜型生活を昼型にいきなり変えることは思っていたよりも難しく、

年齢のせいか再就職も中々決まらず、体と心は依然と荒んだままでした。

 

そこで思いついたのが、断捨離です。

これは部屋を片付けたいという思いもありましたが、

ライフスタイルを変えたい、新しい自分になりたい、

言ってしまえば過去との断捨離がしたかったんです。

 

まず手を付けたのが洋服でした。

正直頂き物などは捨てられずにとっておいたり、

部屋用で少し汚れた洋服も取っておいたんですが、

洋服は身につけた瞬間にその当時の思い出がよみがえり、

残しておいては前に進めないであろうと考えました。

 

その為、スーツなど終活に必要なものと、

普段着る洋服は数枚とズボン二着位を残して、

全てリサイクルショップに持って行きました。

段ボール二箱分くらいです。

 

値段を聞いて売るのをためらった洋服ももありましたが、

過去と断捨離するという意思の方が強く、思い切って売ってしまいました。

店を出たら意外にも心は晴れていて、

さっきまで迷っていた気持ちなんか微塵も残りませんでした。

 

次に手を付けたのが雑貨です。

これは売れるものと捨てるものがありました。

思い出の品は大事にするべきかもしれませんが、

今思い返し捨てて良かったと思えるのが寄せ書きです。

様々なタイミングで貰いましたが、

冷静になってみると今その人達と交流が無い自分に気が付いたのです。

過去に過ごした時間よりも今過ごしている時間に重点を置くため、迷わずに捨てました。

 

また部屋を漁っていると頂き物のアクセアサリーや要らないお土産などもたくさん出てきました。

それぞれに想いがあったとは思いますが、

それも全てリサイクルショップへ売りました。

 

そこまで整理すると大分部屋のものは少なくなったので、最後は大掃除をしました。

ずっと捨てられなかった段ボールや掃除が億劫だった棚の裏など隅々まで綺麗にしました。

 

思い切って断捨離をしたのはこれが初めてです。

今我が家にあるものは生活するうえで最低限のものばかりで、余計なものはありません。

人が訪れても荷物が少ないと言われるくらいです。

頭に刻まれた過去は消えないけれど、

今回物を無くすという断捨離をして部屋にも心にも余裕が出来ました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL