はじめての断捨離とその効果。意識の変化で生活も改善

我が家は子供一人の3人家族で子供はまだ6歳と小さく

断捨離どころか自分で使ったおもちゃの片付けもちゃんとできないで

いつもお母さんに怒られております。

 

私はと言うと思い返せばまだ親元に居る時、

いつも部屋のかたずけは母親がしていてあまり自分で片付けをした記憶もありません。

 

その当時の家は捨てればよいのにと思うものが多かったのですが

それなりに片づけて整頓されていたのであまり気にすることはありませんでした。

 

今現在、実家に帰ると要らないものがたくさんあり確実にものが増えていっております。

それとなく親に使わないものがいっぱいあるねと尋ねると自分でもわかっているけど捨てられないそうで。

いつか使うんじゃないか、やはり取っておいてよかった。

という思いが強くあり物が増え続けるのだと申しておりました。

 

私の自宅ではと言うと妻は掃除、洗濯はとても好きで毎日きちんとこなしています。

しかし自覚があるようなのですが片づけるのが本当に苦手なのだそうです。

例えば何かいただいた時の包み紙や箱と言ったものや

電化製品などを購入いたときの段ボールや梱包材などを保安しており、

一時的に使わなくなった時にそれに戻して保管する考えがあるらしく、

少し前まではそんな段ボールが溜まっておりました。

 

家が広く保管場所や収納スペースがたくさんあれば何の問題もないのかもしれませんが

その段ボールのために一部屋の一部が使えなくなったり

ものが取りづらくなったりとあまりいいことはありあせん。

実際取っておいたその箱を使ったこともありませんし対外壊れて中身の方が先にゴミになることが多いです。

そうなんです、取っておいた時間とスペースが無駄になっていただけなのです。

 

なのである時に妻の了解を取り私が断捨離することとしました。

(話はちゃんとしておかないと喧嘩の原因になりますのでお気を付けください)。

 

と言うことでまずは日々たまっていく包み紙やお菓子や調味料の詰め合わせなどが

入っていた箱などは迷わず処分。

洋服類も1年から2年全く着ていないのなら処分。

とにかくいままで買ったはいいが何年も使わずただ片づけられているものは片っ端から処分いたしました。

 

ここまでは何も考えず、迷わず捨てると判断できたものばかりなのですがその量は本当にすごい量でした。

要らないものにこんなにお金を掛けていたのかと反省もしました。

何となくで買ったものは何となく必要かな?程度で

よく考えれば要らないものなのだと気が付けるものばかりです。

今後の買い物にも教訓として役に立ちます。

 

この日はここまでで終わらせてゴミを処分出来てから第二回、第三回と断捨離をいたしました。

家のあらゆるところが本当にスッキリして本来の家の機能性が戻ったように感じますし実際快適です。

必要で使っているものや着ているものなどいろいろありますが

それらが使えなくなった時にはじめてその代わりのものを購入するように心掛けるようになりした。

そうすれば常に同じ数、出入りするのでそれ以上物が増えることもありませんし

物の価値感も考えるので購入後も物を大切にし

メンテナンスも自分で出来るだけのことをやるようになり、

何が本当に必要なのかわかるようになってきました。

金額以上にも以下にするにも自分次第だと本当に思います。

 

断捨離することで新たに学ぶこと。

きずかなかったことを再認識することが出来、生活に活かせています。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL