とにかく身軽です

断捨離は一度にやろうと思わないで

とにかく自分が毎日生活するうえで何をどうすることが楽なのか?

ということに意識を持つことが大事な事のように思います。

 

持ち物を単に捨てていくというのではなく今の自分にとって何が大切なのか?

これからどういう事を大切に思って生活してゆくのか?を心に思うのです。

 

まずはこの数か月でもいいです、

こうしようとかこうする事が自分は楽で楽しいと思うことに意識を向けます。

 

大袈裟に考える必要はないと思います。

例えば主婦である私はキッチンの器とか鍋類、キッチンツールなどたくさん持っていました。

料理が好きだったので計量スプーン一つににしても

可愛いものや色が好きとか形が面白いとかでいろんな種類を使っていました。

 

でもある時いつもどれを使おうかと無意識に考えている自分に気づいたのです。

単純な事ですが一つしかなければ何も考えずにその一つを使います。

たくさんあるから自分ではわからないうちに迷っているのです。

知らず知らずのうちに迷うことが習慣になっていて知らないところで自分を疲れさせているのです。

 

ですからゆっくり考えて自分はどの計量スプーンが使い易いか、

手触りはどうかとか自分の感覚に意識を向けるのです。

見た目だけにとらわれずに、どれが自分に心地良いのか充分考えるのです。

その考え方で今あるものを捨ててゆくと自ずと物は減ってゆき

自分のまわりに本当に自分にとって快適なものだけが残りさっぱりと生活できる気がします。

 

無理に物を捨てるのではないのです。心静かに自分と向き合う事だと思います。

なんだか大ごとのようですが。私は大切な考えのように思います。

心も軽やかになると思います。

 

もう一つ例えるとするなら洋服です。

これは捨てられない物の代表選手みたいな気がします。

これについても自分が一番快適でいられる物を常に選ぶように心がけるのです。

流行にとらわれないで形、色、デザイン、質など自分が最も気持ちがいいと思うものを考えます。

 

その中でも質感は大切だと思います。直接肌に触れるからです。

気持ちが穏やかでいられるからです。

そのように自分が居心地よくなれるような物を大切にして

それ以外のものは持ち物の中から省くようにします。

心地よいからいつまでも自分のそばに置いておきたいと思うし、

それを大事に扱うようにもなって次々と物を手に入れようとはしなくなると思います。

 

当然少しの持ち物でよくなってくると思います。

そういう自分に合った物とはなかなか巡り合えない気がします。

だからこそそれを求める心や生活スタイルを作ることが物を減らすことへの近道と思います。

 

お寺のようなほとんど何もない部屋に入ると心が無になる感覚ってないでしょうか?

すっきりした感覚、何もなくて何も考えられない感覚。

あれです。

人が本来求めているのはあの何もない無の状態だと思います。

その状態こそがとにかく疲れないのです。

 

今の現代社会人それぞれの生活環境、家族構成、人生の年代で

いろんな物は必要不可欠だと思います。

色々な物から解放されるのは難しい事だと思いますが、

できるだけ必要最低限の持ち物で暮らす事がいかに人を疲れさせないかという事を

会得する事が自分に合った断捨離につながっていく気がします。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL