遺品整理と合わせて断捨離

私が断捨離を始めたきっかけは母が亡くなり、その遺品整理を始めたことです。

もともとあまり断捨離とは無関係な母で、そのうえ気に入ったものはすぐに買うという性格でしたので

母の自室や家の納戸、果ては屋根裏までものがいっぱい詰まっていました。

母が亡くなって実家に戻って住むことになり、まずはじめにやらなくてはいけないことが家の整理でした。

また実家にはペットもいましたのでアレルギー持ちの私は荷物の整理だけでなく、

隅々まで掃除をしなければなりませんでした。

 

しかし母のそうした荷物、遺品を整理しようとすると

捨てるのを嫌がっていた母の言葉を思い出し、手が進みません。

それでも家を片づけてきれいにしなければ私が住むことはできません。

罪悪感の中、なかなか進まない整理にふと思いついたのが断捨離でした。

 

私も母ほどではないですが捨てることをあまりする方ではなく、

捨てようとすると「まだ何か使えるのではないか…」と考えてしまう方です。

洋裁も趣味なので服などは特に捨てるのをためらってしまいます。

そうして私の荷物は決して少なくないものとなり、

引っ越しするのに大きなトラックを頼まなければならないほどでした。

 

そこで私は母のものと同時に自分のものを断捨離しようと決めました。

母のものだけを処分しようとすると罪悪感がありますが、

そこで「ごめんね、私のものも捨てるから」と思うと罪悪感もかなり減ります。

自分のものを処分する時にも「母と約束したんだから」と思い、ためらう気持ちも振り切るようにしました。

 

そうして始めた断捨離の最初に行ったのが売却でした。

母は服にしろバッグにしろ良いものを持っていたので私のバッグと合わせて売却し、

次に私のものを中心とした本などを売却しました。

売却は捨てるのに比べ、その品をまだ使ってくれる人がいるという気持ちがあるためか

罪悪感や惜しむ気持ちが比較的おきません。

その次に家具や家電などを知り合いに譲り、最後が捨てる作業でした。

 

何度かやってみて私の捨てる作業のコツはその場で袋詰めにするということです。

最初は捨てるもののより分けで山を作っていたのですが、目に入ると捨てるのが惜しくなってきます。

袋に詰めてしまえばもうゴミとしてしか認識せず、惜しむ気持ちもおきません。

 

そうして始めてから2か月ほどで2人分の断捨離が終了しました。

片付けれられてはいましたが家にみっちりとあったものもなくなって歩きやすくなり、

箪笥など引き出しても引っかからずにすっと開きます。

ペットも広い家が嬉しいのか、以前よりもよく動いて走り回るようになりました。

 

断捨離する前は私のものだけでも常に頭にあり、

「あーあれを早くほどいて縫い直さなくては」

など自分では気づかなくてもストレスをためていたように思います。

 

断捨離をしてからは身が軽く、物に対する執着心がかなり減りました。

それもあって一度きれいになった家をずっと簡単に維持することができています。

母の遺品整理がきっかけで始めた断捨離ですが、本当にやって良かったと思っています。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL