物を持つという気持ちを捨ててみました

物を捨てられない、持ち続けることという気持ち自体を捨てましょう。

私がこれまでに断捨離したものは車、食器、テレビ、漫画、恋人との思い出です。

一つずつ説明していきますね。

 

まず車、車を持っていると、駐車場代、ガソリン代、税金、車検代などがかかりますよね。

単純に計算しても年間50~100万円前後かかっています。

私は車持ってるけど、そんなに乗らないからかかってないという意見も聞こえてきそうですが

それなら尚更いらないですよね。

 

車を運転すれば、運転中は当然ながら運転しかできません。

私の場合で恐縮ですが、移動中はスマホでニュースを得たり、

本を読んだりしたいので車の運転というのはそれしかできないのでなんの生産性もないわけです。

一日の時間は誰でも24時間と有限なので、限られた時間をうまく使うためにも、

余計な支出を抑えるためにも車は真っ先に処分しました。

 

であれば浮いたお金で旅行に行ったりしたほうがいいと考えています。

そもそも車社会の地域であってもいざとなればレンタカーを使ったり、

今後はカーシェアリングが普及すると考えるのでなにも所有する必要はないんですよね。

 

食器もそうです。

たくさんあれば用途に合わせて使うことも確かに可能です。

ですが、それって年に何回もありますか?

量が少なければ洗って使えばいいですし、最小限の食器でできることをすればいいんです。

 

ホームパーティを頻回にするようなセレブなら話は別かもしれませんが、

大勢で食事をするのであればお店を利用したほうが準備しなければならない手間もないですし、

よくみせなきゃいけないという見栄もいりませんよね。

まぁ、この周りによくみられたいという気持ちも不要なんですけどね。

 

周りの人間は自分のことが第一ですし、思っているよりもはるかに周りのことに興味がありません。

例えば奇抜な髪型にしても、「お名前なんていうんですか?」と聞かれることはないですよね。

TVも情報を得るためにという声も確かにありましたが、スマホの普及によってTVじゃなくても番組はみれます。

大きな画面がいいという人もいますが、情報の内容・価値は画面のサイズに関係ないですよね。

決まった時間にいなくても1週間程度であればアプリなどで見逃した番組もみれますし、

そもそもTVをリアルタイムで楽しむ必要がないと思っています。

 

漫画も漫画喫茶の普及やレンタルコミックというものがあるのに

新刊が出れば買うということもする必要はありません。

借りるまでに人気作品は時間がかかるならば買って読んだら売ればいいんです。

あとで読み返したいならば借りればいいですしね。

それを置くスペースも必要なくなります。

 

恋人との思い出もいつまでも過去にしばられるのではなく、

今を生きているわけですから思い出があって捨てられないなんて馬鹿げた話です。

 

というか初めから場所をとるものを買わなければ捨てる必要もないので、

買う気持ちをまず断捨離しましょう。

いつまでも好きでいるかも好きでいてくれるかもわかりません。

失恋してしまったときに思い出さないための秘訣でもありますね。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL