物を持たないのは楽かもしれない

私はなかなかの怠け者で、そして物をためこんでしまう癖がありました。

子供のころから木の棒やよくわからないカードなどを集めるのが好きで、

それでいて整理整頓が得意ではないので、それらは机の中でぐちゃぐちゃになっていました。

その癖はなかなか治らず、物をちゃんと扱えない自分を情けなく思っていました。

 

断捨離の「要らないものをはじめから持たない」という考え方は、

私にはだいぶ救われるところのあるものでした。

 

そういえば今まで自分の「欲しい」という感情と深く向き合ってこなかったですね。

それから私は身の回りのものを、そもそも要らないんじゃないか?という目で見つめなおすようになりました。

 

まず自分の周りの本の整理から始めることにしました。

私は読書好きで小説や漫画を多く持っていたのですが、

これらはわざわざ手元に置いておく必要はないかもしれません。

 

持っている本の中には、

①もう飽きているがなんとなく持っているもの

②何度も読んで愛着を持ってしまっているもの

③別の用途に使えるもの

などがありました。

 

まず①を捨てるのは決心すれば簡単でした。

②を処理するためには、その本が図書館やブックオフ、電子書籍などで

見ることが出来るかを調べる必要がありました。

それでも捨てられないものについては、いつか捨てるものだと意識しておくことで、

何日か経った後処分することが出来ました。

不思議なもので捨てる前はかなり悩んだはずの物のことを、今は思い出すことが出来ません。

 

③についてはその本の必要な個所をコピーしたりノートにまとめることで処分が可能になりました。

本の内容の要約のいい勉強になった気がしいます。

 

次に自分の集めたガラクタの処分です。

これらはほとんどのものはそれについて考えてみることで、

「あれ、何でこんなキーホルダーなんか大事に持ってるんだ?なんか恥ずかしい…」

といった気分になり、すんなり捨てることが出来ました。

残った古銭などの貴重なものは、しかるべきところに売りに出すことで、

価値を認めてもらいつつ、気持ちよく処分することが出来ました。

 

最後に年賀状などのもらい物については、少々冷たい気持ちになって対応しました。

どうせ相手はこれを捨ててるところなんて見てないんだから、という感じです。

それと合わせて今度この手紙の相手と直接会おう、ご飯を奢ろう、ということを考えることで、

気持ちのバランスをとっていました。

 

現在私の身の周りはだいぶきれいになりましたが、決してビシッとはしていません。

皆さんも決して無理せず楽にやってください。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL