東日本大震災で考え方が変わりました。

思えば私が断捨離を始めるきっかけとなったのは、2011年の震災でした。

関西在住なので、被災はしていません。

ですが、それまでの「いいものを長く使うこと」「いざというときに使えるもの」

を持っていることの意義が私の中で消えていくのを感じました。

 

そして、「いつか行きたい、やりたい」と思っている「いつか」は訪れないかもしれない、

「いつか」よりも「今」が大事に思えるようになった人は多いのではないでしょうか。

 

「いつか」を「今」にするため、長年夢見ていたヨーロッパ旅行を決行しました。

便利グッズをたくさん持って、色んなシチュエーションに対応できる服をたくさんキャリーバッグに詰めて。

旅の帰りは古い服や靴を捨てて帰ってきます。

 

少しすっきりした部屋の中。

でも、残った服や靴はどこか使いにくいものばかりです。

使いやすいものはボロボロになるまで使うのに、使いにくいものを溜めてしまう。

そして溜まった物は静かに私のエネルギーを奪っていきます。

 

カビが生えたら捨てよう、何かの機会に捨てよう、

言い訳ばかりの生活を送っているような気になりました。

 

まず、段ボールに服や靴を詰め、半年間使わなかったものはリサイクルに回しました。

ブランド物のバッグは少しばかりお金になりました。

 

そしてまた旅に出ました。

今度は自分に必要な物だけを持って。

そして必要なものの少なさに自分で驚きました。

少ない物を早いサイクルで使えばいい。

 

掃除・洗濯・お手入れの回数が増えました。

便利グッズや雑貨は不要になりました。

物が減ったら、収納グッズが不要になりました。

収納するものが減ったので、家具も少しずつ処分していきました。

部屋が広くなりました。

面倒くさがりだった私がこまめに動くようになりました。

 

物がすっかりなくなった私の部屋を訪れた友人は、

「おしゃれな部屋」と言ってくれました。

 

それまで床のラグを買っては気に入らないと買い替えたり、

家具屋のカタログを吟味したりと労力を使っていましたが、

物が少ないことこそが美しいことに気づきました。

 

調味料や日用品も、それまではお得感を優先して買いだめしていました。

そして、そのストックがなくなる前に他の商品に変えたくて

しょうがない気持ちになることの方が多かったのです。

 

必要なものだけを必要な量、必要な時に買う。

多少高くついても、大切に使うので無駄がありません。

自分が本当に必要な物だけを持つようになって、

人から「それ、いいね」と持ち物を褒められることも増えました。

 

もちろん、買っても結局使わないものもありますが、

常に自分を更新して、自分の身の周りのものも更新できるようになったので、

快適な生活が送れるようになりました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL