断舎利で物の大事さを実感できます。

断舎利は、ここ何年間か、かなりのブームです。

断舎利が発展して、きれいな収納やきれいな部屋つくり、

簡単DIYにつながっています。

 

断舎利は、日本人にとって大事です。

昔、日本人はわびさびの文化ので、物を大事に使うことを習いました。

しかし、高度経済成長からものを持つこと、

便利なものや最新家電をいくつ所有しているか、

車はどのランクか?などがステイタスになりました。

家は、さまざまなものであふれて、ものを買うために働いているみたいでした。

 

そんな中、物は持たなくていいよ、必要なものがあるだけでいいんじゃない?

という断舎利がブームになりました。

 

家の中を見渡すと、結構いらないもの、ありませんか?

私は、最近捨てました。

ガーデニングに買っていたかわいい飾り鉢。

ブルックリン風がかっこよくて買いましたが、

アパートの狭い玄関にはなかなか花や植物が育たず、

100均の観葉植物を3回枯らしていい加減目が覚めました。

玄関に花がないのは寂しいと思いましたが、逆に玄関のものがなくなってスッキリしました。

気持ちも晴れ晴れして、これが無駄だったと気づかされました。

 

断舎利の基準は、1年以上使っていないもの、物置で忘れられているもの。

まずはここからです。

私は、ハンガーもクリーニング屋さんにもって行きました。

おもちゃもダンボール1箱にしぼりました。

 

キッチンもいろいろでてきます。

まずは、粗品、捨てましょう。

食器も使っていない奥の皿は捨てましょう。

数の合わない皿も集めずぎたタッパーや100均グッズも減らしましょう。

それだけで食器棚はすっきりです。

 

私は1段空いた棚にマスクやコーヒー、料理本、お弁当箱を収納できました。

おかげでキッチンにあふれたものが少しスッキリしました。

 

ほかには、服ですね。

子供服は、サイズアウトしても捨てるのがもったいないというものがあります。

そんなときはリサイクルショップにもっていきましょう。

いい値段になることありますよ、大人の服もあきらかに着ない服は処分しましょう。

リサイクルショップ、ネットアプリで売るのもいいですね。

私はこつこつネットで売っています。

売れないものはフリーマーケットで売るのも楽しいですよ。

 

こうやって断舎利すると、不思議なことに気がつきます。

それは、捨てるものって同じなんです。

衝動買いや本当に欲しいものではなかったもの、

安いからなんとなく買ったもの、

雑誌のインテリアを真似したものなんです。

 

捨てるともったいないと感じます。

捨てる袋見てください。

現金でいくら分のお金ですか?

私たちが毎日がんばって稼いだお給料の1部がここに入っています。

金額を電卓でたたいて、その分のお給料が捨てるお金、ものなんです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL