断捨離は捨てるだけのものじゃない!

最近の子供服って、大人顔負けのお洒落な洋服が多いですよね。

しかも、プチプライスで販売されているので、

可愛いから、安いからと、つい衝動買いしてしまう方も多いのでは?

しかし、洋服を購入しても、どんどん成長する子供は、1~2年でサイズアウトしてしまいます。

その結果、下の子へのお下がりとしてとっておくか、燃えるゴミ行きになってしまいます。

そう考えると、お下がりならまだしも、捨てるのは少しもったいないですよね。

私もそんな悩みを持っていた1人です。

 

我家には子供が4人ます。

衝動買いした洋服+親戚や友人からもお下がりを頂く事が多いのですが、

いっぱいあるからと断る事も出来ず、子供服が大量になります。

しかし、少し古い団地風のアパートに住んでいるので、収納スペースは狭い押し入れだけです。

「このままでは大量の洋服が入りきらない!」と私は断捨離する覚悟を決めました。

 

まず最初に断捨離のターゲットにしたのが長男の洋服です。

我家は4人兄弟の内、男の子は1人だけなので、お下がりのきかない男児服から処分をする事にしました。

タンスや押し入れの中には、近所や親戚には息子よりも小さい子どもがいないのに

「いつの日か誰かにあげよう」と、とっておいた宛も無く大量の洋服がに。

もう着れないけど、結構綺麗な状態のものが多かったので、ただ捨てるよりはマシだろうと、

40着位をフリマアプリに出品してみる事にしました。

そしたら、安く出品した為か、楽しくなる位あっという間に売れてしまいました。

3000円ほどのお小遣いになり、俄然やる気になった私は長女の服も断捨離を開始しました。

 

11歳になるお洒落大好きな長女は、我家では1番の衣装持ちです。

サイズアウトした洋服は下の娘2人用にと、とっておくのですが、

次女が3歳と三女が2歳で長女とは少し歳が離れている為、何年間も保管しなければなりません。

しかも、他からもお下がりをもらうので、かなりの量になります。

これが我家の最大の悩みでした。

 

そこで、長女とある約束をしました。

それが、「洋服を買ったら、今まで着ていた洋服を2枚捨てる。

でも、あからさまにわざと汚したり、綺麗な状態の洋服や、買って半年経たないものは処分禁止!」

というものでした。

この約束のお陰で、普段からなんでもごちゃごちゃにしていた長女が、

洋服が欲しいからという理由で、不要と必要の見分けがつくようになりました。

他の着ない洋服は長男同様の方法で片付けをしました。

 

パンパンだったタンスにも余裕が出来き、10個あった衣装ケースも4つまでに減らす事が出来きました。

さらにお小遣いにもなったので楽しく断捨離が出来ました。

「売る」と「捨てる」を駆使して、是非皆さんも断捨離を楽しんでみてくださいね。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL