断捨離は心のデトックス

今でこそ、お部屋がすっきり整頓されていて、

いつでも友人を呼べる状態の私ですが、

以前はあまり掃除をしない方でした。

 

不潔ではないけど、物が多くてなんだかごちゃごちゃしていたんですね。

仕事も忙しく、掃除をするのが億劫で・・・。

その時を振り返ると、なんだか心もごちゃごちゃして

重たい気持ちで毎日を過ごしていたような気がします。

 

何か大きな問題があったわけではなかったのですが、なんだか毎日重たい・・・。

くらーい気持ちで居た気がします。

 

ある時、重たい気持ちが嫌過ぎて、すっきりしたい!という思いが爆発しました。

そんな時に、本屋さんをうろついていて見つけたのが、断捨離という言葉でした。

手に取ってその本を読んでみると、なんだか今私が求めていることが書いてあるような・・・

そういうわけで、その本を買って、試しに断捨離をしてみたのです。

 

まず片付けたのは、クローゼットの服。

ここ2年着てなくて、何か特別な時に使うわけでもない服は全て捨てました。

燃えるごみの袋がいっぱいになるにつれて、

すっきり場所が増えて行くクローゼットを見ていて気持ちよかったです。

 

ただ1つ問題が・・・。その時は実家に住んでいたのですが、

実家の母がどうしても昔の人間なため、物を無駄にするのが許せず、

私が捨てた物の中でまだ状態のいいものをクリーニングに出してしまったんです。

でもそのコートは10年前に買ったもの・・・。

 

本やゲーム、CD類は某中古店に持って行って処分することができたのですが、

洋服に関しては、そんな状態が続き、私は実家を出ることにしました。

断捨離をする中で一番の問題だった家族の協力が得られないことは、

それで解決出来たのですが、次は人からのプレゼントです。

使わなくてもなかなか捨て辛いですよね。

 

色々考えた末、私はデータとして残すことにしました。

貰った人の名前と大体の時期をそのプレゼントと一緒に写真にして、

パソコンの中の思い出フォルダにしまっています。

そして、ゴミ袋に入れる時に「ありがとう」と思いながら捨てています。

 

断捨離もし過ぎはよくないかな?と思い、使用頻度が低くても、

使う予定のある物や特に思い入れの深いものについては大事にとっておいてあります。

今では私の部屋はなかなかのすっきりっぷりです。

 

心が重過ぎて、それを脱出したいという強い思いが、私を引っ越しまでさせてしまいました。

でも物が減ってみると、本当に私たちって無駄な物に心を振り回されているんだなーと気づけました。

 

情報が少ないということは、それだけ心は乱されないのです。

服が少なければ、今日何を着ていこうかな?と迷う時間も減りますしね。

あとは、また重たい気持ちになりたくないので、物を増やさないようには心がけています。

何かを買う時、本当にそれが必要か?と自分に問いかけてみたり。

下着類なんかは買い足すときは古くなったものは捨てたりしています。

 

まだまだ気を抜くと物が増えがちですが、この調子で断捨離生活を続けて行きたいです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL