断捨離はタイミングも重要です!

必要に迫られて、私が断捨離をしようと思ったのは引っ越しがあったからです。

それまでも、断捨離とまではいかなくても部屋の片付けや衣替えなどで、

物を処分したりしていましたが

それ程物が減らずにまたいつの間にか増えるという繰り返しでした。

 

私は物が捨てられない性格ではないので、物で溢れるという事はありませんが、

定期的に整理をしなければそうなってしまうので思い立った時に片付けをしていました。

 

断捨離をする物にも色々ありますが…私が取りかかりやすかったのは洋服でした。

転居先が今より間取りが狭くなるのでどうしても荷物を減らす必要があったし、

引っ越しの荷造りの手間と量を減らす為に思い切って処分をしなければならなかったのですが、

洋服は比較的その判断がしやすかったです。

 

いざ洋服の吟味をしてみると、何年も前から“これはいずれ着るかも“と捨てずにとっておいた服や、

気に入ってどうしても捨てれなかった服がいっぱい見つかったのです。

なのでそれらは思い切って処分しました。

 

家族の洋服はそれぞれに任せるしか無いので、各自のタンスに収まるようにしてもらうのと、

私が選んで一応本人に捨てていいかを聞いてから処分したりしていました。

やはり勝手に処分して後で責められるのは嫌ですから。

ただ、当人達にも協力してもらわないと物が減らないので、

家族を説得しながら作業を進めるのは大変でしたけど。

 

次に取り掛かったのは食器です。

食器も意外と食器棚の奥にしまったままの物があって、

全然使っていない物や割れやヒビ・欠けのある物も捨てれずに残しておいた物が眠っていました。

よく使うものは手前に置いたり、決まった食器をローテーションで使っていたりするので、

そういった食器と来客用のセットを数組だけにして、後は処分しました。

 

現在の食器棚に食器と他の物も収納する事になったので、

そのぶんのスペースを確保する為にかなり処分しましたが、

スッキリとして空いたスペースにどれを入れようかと考えるのが楽しくなりました。

 

一番大変だったのは、小物や雑貨類でした。

これは細々としていて使い道があるようで無いようで…決断が難しかったです。

でも、収納可能な容量を考えて選りすぐって整理しました。

 

他にも手紙類や靴・食品のストックなど色々ありますが、

収納するBOXやタンスなどに収まる容量を把握して

絶対そこに収まるように整理をすると考えると、

どれくらいの量の物を処分したらいいかが分かると思います。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL