断捨離にハマっています

断捨離にはまっています。

始めたのは、かれこれ4年前からです。

 

きっかけは引っ越しでした。

狭い家に引っ越しをすることになり、荷物が入らなくなってしまったのです。

 

ところが、その断捨離をしだすと、なんと一部屋分の使わない荷物が出てきたのです。

それを捨てるのは1年がかりでした。

当時住んでいたところが粗大ごみを捨てるのが無料なところで、

断捨離にはまった私には大変助かる街でした。

 

それでも、引っ越し先で大きな家具を捨てました。

勿論有料です。

 

捨てたくても、どうしても迷ってしまうものはあります。

そうすると、ずっと一緒に持ち歩くということになります。

けれど、あまり使わないし、移動ができない。

そんなことばかりです。

 

断捨離が必要ないのは、引っ越しをしない時代のお話でした。

私の感覚ではそう思います。

引っ越しがあると、何より重要なのが家具のサイズです。

その引っ越し先の部屋に合うかどうかです。

家具のために部屋を考えないといけないというようになるのです。

 

そこで究極、段ボール家具が一番いいと考えます。

いつでも形が変えられるし、廃棄するのが楽なのです。

 

人の生活で必要なものは限られているし、家族構成によっても必要なアイテムが違ってきます。

思い出のあるものはなかなか捨てられないのが普通ですが、

捨てないと、住む場所がなくなるのです。

物のために土地があれば倉庫を建てないといけなくなります。

 

子供の教科書もノートも数冊とっておくだけにしないといけません。

後で見ることができる程度だけです。

そう思うと、なんでも捨てたくなってしまい家の中にストックはありません。

 

世の中の人が断捨離できるのもデフレのおかげです。

また買えばいいという発想ができるのです。

100円ショップのおかげです。

いままで1000円で買っていたものが、100円で買えるので捨てられるのです。

 

断捨離をしてからすっきりする気持ちが快感で、なんでも捨ててしまいたくなります。

もちろん、捨てるのに迷ったときは、魔法の言葉の方のように、

使わせていただいたものに「ありがとう」と言ってから、捨てます。

 

自分の生活を助けてくれるものは本当に感謝しかありません。

そう思って考え方を変えると、家の中に生活を邪魔するものは少なくなりました。

あんなにあった洋服も随分少なくなり、自分が何を買わなくてはいけないのかわかるようになりました。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL