断捨離ですっきりとしたシンプルな生活を

私が断捨離を思い立ったきっかけは、特にありません。

元々部屋をきれいにするタイプでもありませんし、

かといって足の踏み場がないほど汚いというわけでもありませんでした。

しかし、なかなか捨てられないタイプだということは自分でも自覚しています。

 

そんな私がなぜかふと、「あ、要らないものがいっぱいある気がする、断捨離しよう!」

と勢いで立ち上がりました。

しかしまずどこから手を付けていこう…と迷った挙句、

ついつい買いすぎてしまう服・靴・バッグ。

いつか着るかも、と思っても気が付いたら「あれ?一年以上着ていない…」

「値札のタグがついたままだ…」

といったものがたくさんありました。

こういうコーディネートのときに使えるかもしれない…と残していましたが、

結構場所をとって、かさんでしまうんですよね。

 

このままじゃ物が増えていく一方だと一気に処分に踏み切ることにしました。

どうせなら売ることが出来ないものかと考え、フリマアプリの利用なども考えましたが、

「いや、今すぐにこの部屋からなくさなければ意味がない!」と近くのリサイクルショップに持ち込みました。

売れない物もありましたが、どうぞどうぞと言わんばかりに処分して頂きとても助かりました。

 

どんどんと部屋から物がなくなっていくことに対して、

徐々に不要なものがなくなっていく喜びを覚えるようになりました。

部屋がきれいになっていくこと、荷物が減っていくことでなぜか心がすっきりとした気持ちになるのです。

自分が本当に必要としているものってそんなに多くはないんだな、と実感しました。

 

それからというもの、服や靴やバッグと最初に思っていたものだけでなく、

いらない仕事の書類やファイルを処分したり、家族の不要なものをまとめたり、

財布の中身のレシートや細かいものまで目が届くようになっていきました。

そのままの勢いでLINEの連絡先も不要だな、と消去できるようになったり、

このアプリも消そう、と自分の身近な身の回りの整理が出来るようになりました。

 

これだけ捨てたのに、なくなって困った!といった体験もありません。

自分にとって不必要なものがたくさんあると、

それだけで本当に必要なものの価値が見えなくなってしまうことに気が付くよいきっかけでした。

ある日突然思い付きのように始めた断捨離でしたが、

今では私の生活の基礎となっているといっても過言ではありません。

もしかしたら何かのお告げだったのかもしれませんね。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL