断捨離がもたらす効果について

断捨離をしてみようと思ったきっかけは、

シングルマザーとしての先の見えない毎日にピリオドを打ちたかったからです。

人生が変わる!とか、よい事ばかり起きる!

と書かれている断捨離という行為を取り入れてみようと思いました。

 

当時の私はいわゆるパートタイムで働き、娘の帰宅に合わせばたばたを家事育児をして、

また朝を向かえる毎日。

全てがルーティーンで、お金に余裕もなく、本当に毎日時間が経過していくだけの日々でした。

女性としてはまだ30になったばかりでまだまだ楽しい時期のはず。

娘との生活はたのしいけれど、周りの友人達との生活の差に何とも言えない気持ちになることもしばしば。

 

なにか変えたいという気持ちが少しずつ芽生えてきました。

その頃にブームになった断捨離。

これだ!と掻き立てられるような気持ちになり、部屋を見渡しました。

 

雑貨やおもちゃ、もう着ない服、使わない家具、それはそれはものであふれかえっていました。

たくさんのモノのエネルギーが交差し合って部屋中を埋め尽くしているような感じが急に全身で感じ、

気分が悪くなりました。

そして一気に取りかかりました。

 

まずはとにかくモノの量を減らす事。

その頃に流行っていたときめくかときめかないか、の観点で取りかかりました。

沢山のゴミ袋が積み上がっていくうちに、めきめき心が軽くなっていくのを感じました。

心が軽いから作業もすいすいとはかどります。

夜中までかけて没頭しました。

どうしても今のステージから脱出したかったのです。

 

次に整理する事。

100円のかごやトレーを購入し、種類別に収納しました。

モノの量が半分以下に減ったのでこれは簡単な作業でした。

今あるものを把握して、収納しました。

把握することで無駄なものや同じようなものを買わないようになりました。

 

きっちりと整頓された部屋で飲むコーヒーがどれだけ美味しく感じたか・・

今でも忘れられません。

この部屋でまたスタートしよう、そんな風に決意した日でした。

そこからは背筋が伸びたような気持ちで仕事にも取りかかりました。

 

まず訪れた変化は、大きなプロジェクトの立ち上げを任されたことです。

パートの立場の私には信じられない事でしたが、一生懸命とりかかり、それに伴い収入もアップしました。

疲れて帰宅しても、整頓された部屋は落ち着くものであり、

寝る前には現状復帰まで片付けをして翌朝を向かえるようにしました。

そしてそんな忙しさにも関わらず、私も娘も毎日健康で過ごす事ができました。

娘はすぐ体調を壊していたのですが、断捨離以降ぴたっとなくなりました。

 

そんな毎日を過ごす中で、私は今の主人に出会いました。

私以上に娘の事も考えてくれる、とても優しい人でした。

想像すらしていなかった再婚をして、息子を出産しました。

更に、私は自分のやってみたかった仕事を立ち上げ運営しています。

まだまだ小さな規模だけれど、自分でやっているので家庭と両立可能と言う

願っていた条件の下で仕事をしています。

 

断捨離は本当に私の人生を変えてくれました。

過去の私と比べたらプラスばかりです。

今は無駄な思考がなくなり、シンプルに生きています。

迷っている人にはまずやってみる事をオススメします。

やって失敗する事はまずない行為です。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL