息子の持ち物、断捨離は別基準で

息子2人が結婚して家を出ていきました。

その際、家に残した洋服類がクローゼットを占有して、困っていました。

一つ一つ手に取ってみてみると、まだまだ十分着れるものばかり。

生地もけっこういいものを買ってあげていたし、ほんの何回かしか袖を通していないものもたくさんあります。

ジーンズなどは、買った時にダメージタイプだったためか、改めて見てみても、古さを感じません。

息子に「クローゼットを見てみてよ。必要なものは持って行って」と何度も言ったのですが、

「うん、そのうちに」とか言って、行動を起そうとしませんでした。

 

業を煮やして、クローゼットまで引っ張っていって、見させたのですが、

「これいらない、これもいらない」というばかりで、結局長男は一着も持っていかず、

次男はやっと2着ほどを持っていきました。

私は着れる、使えるという基準で洋服類を見ていたのですが、息子たちはどうも違うみたい。

古いものは「ダサい」かどうかが観点のようです。

 

家の中から息子の物がなくなるのが寂しくて、という思いもあって、なかなか捨てられなかったのですが、

若い人は流行に敏感だし、何か古いものは不潔に感じるのでしょうか。

清潔に収納していたのに、ちょっと残念な気がします。

私たちの世代は使えるか、使えないかという基準で断捨離を考えるのですが、

若い人は「使うか使わないか」が基準。その辺りに違いがあるようです。

 

結局、昨年の大掃除の時、大量の洋服を処分しました。

ブックオフに買い取ってもらったのですが、スーツは引き取らないといわれて、また気持ちがズキンといたみました。

大学入学のとき、成人式の時など、結構いいスーツを買ってあげたのに、結局はゴミか・・・・。

そんな心の痛みを感じているようでは断捨離は進まないのですね。

 

息子の衣類をほとんど処理した後のクローゼットのすっきりした事。

スペースに余裕ができたので、季節ごとにクリーニング屋さんの衣類預かりに出していたのが必要なくなりました。

余裕を持って収納できるので、見通しもよく、「あ、こんなの持ってたんだ」と、

自分の衣類が分からなくなるということもなくなりました。

持ち物の断捨離ではあったのですが、

夫は「息子離れのほうの気持ちの断捨離になったんじゃない」といっています。

少しさみしい気もしますが、それでいいのだと、これからの人生を軽やかに生きていかなければと、

そんな思いを新たにしているこの頃です。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL