思い入れのあったものを断捨離

断捨離で個人的な体験と体験を通して大事だと思ったコツを

すこし書いてみたいと思います。

気楽な内容なので、気楽に読んでいってください。

 

私は、思い入れのあったものを断捨離しました。

やはり、断捨離を始めるときは、抵抗がありましたね。

断捨離をするものは、楽しかったものであり、大事なものですよね。

ですが、これから生きていくなかで、またそういうようなものに出会うことがあるとは思いませんか?

私は、そのように考え、断捨離を行いました。

このような考え方自体が身軽ですね。

もうすでに断捨離が始まってるって感じですね(笑)

 

そして、断捨離を行ってみて思ったことなのですが、

思い入れのあったものに対して、違う見方をしている自分を発見しました。

これはもちろん、断捨離を行った後に思ったことですね。

 

なんとも言葉で説明しづらいのですが、

言うなら、「思い入れのあったものは、大事なものだったのですが、それが違う新鮮なものになった」

って感じです。

この表現は、なんだかよくわからないと思いますが、

読者のみなさん、ぜひ断捨離を行ったあとに、この表現を思い返してみてください。

 

やはり、ヨガがもとになった断捨離のせいなのか、

実際に体験してみないとわかりづらいとこがあるんですよね。

とにかく私は、断捨離を行って、新鮮な気持ちになり、また、すこし前向きな気持ちになりました。

 

このように断捨離の体験を簡単に書いてみましたが、

私が体験を通して思った大事なこと、コツを、

断捨離を始めるかもしれない読者のみなさんのために書いてみます。

 

そのコツは2つあります。一つ目は、「気軽に始めること」です。

それは、あまりにたくさんのものを断捨離するのではなく、

一つか二つから、断捨離を始めるという感じです。

つまり、これなら断捨離できそうかなってものから、断捨離を始めるってことです。

 

二つ目は、「断捨離を行って、身軽で快適な生活を送っている自分の姿をイメージし、

断捨離を楽しみながら行うこと」です。

 

やはり、気難しい顔をしてまで、断捨離を行いたくないですよね。

それだと、長続きもしなさそうですしね。

ちょっと自分には合わないと思ったら、やめようというような身軽な感じで始めましょう。

そんな考えができていれば、もうダンシャリストですね!

 

以上で終わりですが、私の断捨離の体験とそのコツを書いてみました。

みなさん、ぜひ活用してみてください。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL