心の掃除もできる 良いことづくめの断捨離

一年ほど前から断捨離にハマっています。

きっかけは、風水に興味を持っていたので本を読んでいたらそこに「断捨離」の文字が。

そもそも風水でも、掃除してキレイな状態であることは基本中の基本ですもんね。

断捨離について調べていたらどんどん興味が沸いてきました。

単に 断捨離=物を捨てることだと思っていたので新しい発見でした。

その物に対する執着心を捨てること。

実はそれが一番難しい事だと改めて感じました。

 

元々私は何でも物を取っておく癖がありました。

思い出の品はもちろん、どこで手に入れたのかも覚えていない紙袋やら

壊れて使っていないアクセサリーなど。

学生時代の教科書やノートまで大事に保管してありました。

 

全く使いもしない物に、限りある部屋の収納場所を奪われて

生活しにくくなっている状態を客観的に見ていたら、

今までの執着心の塊だった自分に怒りさえ覚え、

要らないものは全部手放してやる!とメキメキやる気が沸いてきました。

 

とにかく片っ端から捨てていきました。

私の捨てる判断ポイントは、「今の自分に必要な物かどうか」です。

確かに思い出の品達を手放すのは結構勇気が入ります。

でも私は過去に生きてるのではありません。

 

特に、見るたびに悲しい過去や辛い出来事を思い出すような品であれば、それは悪い影響しかありません。

必要ない物です。

写真やぬいぐるみや手紙など、捨てにくい物に関しては、私は写真を撮ってから捨てるようにしました。

そうすることで思い出したければいつでも見返せますし、SDカード一枚で済みます。

 

洋服も2年間着ていない服は処分。

去年の冬に着なかった物は、結局今年の冬にも着ません。

物が減ったので、今まで仕方なく部屋に置いていた大きなタンスまで一つ捨てる事に成功しました。

 

更にストックも見直しました。

今までは 安い時に大量に買ってストックしておきましたが、

物が溢れて何がどれ位残っているのか把握できない為、

結局また買ってきてしまい悪循環を繰り返していました。

たとえ安くても、本当に必要な分だけを購入する。

それから、洗剤なども用途に応じて色んな種類を用意していたので、

代用できるものは一つで使い回すようにしました。

 

例えば鍋の焦げ付きやコンロの汚れ、壁の油汚れなどはセスキ炭酸ソーダ一が一つあれば全て解決です。

洗濯にも使えてとても便利です。

おかげでシンク下の収納棚もだいぶスッキリしました。

 

量にすると、トラック一台分位のゴミを捨てました。

これだけの物を捨てても、不思議なことに捨てて後悔した物は一つもありません。

自分がどれだけ必要無いものに囲まれて暮らしていたか気づきます。

 

断捨離をして何より良かったことは、とにかく部屋がスッキリして広く見え、

掃除も楽ですし何がどこにあるのかすぐに分かります。

心の中までスッキリしてとても気持ちいいです。

是非みなさんにもオススメしたいです!



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL