引っ越しと断捨離について

私は昔から物を収集してしまう方です。

ブティックで買い物した際に商品を入れてもらう紙袋が家に何個もあったり、

ついついポイントが倍の日に同じものをまとめ買いしてしまい

そのままストック分は消費期限が過ぎていくなんて事がよくあります。

 

要らなくなった物は捨てるつもりではいるのですが

まだ使えると判断する自分の中での境界線が長いのか、

穴が開いたり汚れたりしても少しの事なら修復出来るし気にしないで使おうと思ってしまうのです。

なんでもコレクションしたいと思う気持ちもあって、なかなか物を整理したり捨てたりする事にうとい私です。

 

そんな私が断捨離を初めてするきっかけとなったのは、

当時1Rに一人暮らししていた頃に片付けてはいたのですが、

ストックされたものが多過ぎで仕舞っていた引き出しが閉まらなくなったり、

床に散乱したままの状態でそのまま過ごしていたのでかなりの汚部屋状態になったことごきっかけでした。

 

さすがにこれはと思い、少しづつ休みの度に整理したりしてたつもりでしたが一向にものは減らず、

要らないものと要るものの判断基準がよく分からなくなってきました。

 

そんな頃毎日たまたまテレビで断捨離の特集をしていて、

その道のプロの方が「三日間もしくは一週間使わなかったものは今後も使うことはない」と断言していて、

本当にそうなのか?と初めは疑いましたが

確かにその基準で私の部屋を見てみると、よく使っているものは日々分かるとこに仕舞っていて

なおかつ頻繁に使用していることに気付きました。

 

ストックして買うものの中にも本当に無くなってから買うのでは遅いなと思うものと

ストックする必要があるものとないものの仕分けは出来るなと

少しづつ自分の中で判断が出来るような気持ちになってきました。

でも、その要らないと判断したものを「捨てる」ということはまた別問題でそこでつい、

「もったいない」と言う気持ちが勝ってしまいます。

 

とりあえずその日はこれ以上行動出来ませんでしたが、

また数日後よくよく考えた結果「とりあえず、まず何か捨ててみよう!」

それからでないと前に進まないと思ったので、思い切って要らないと選別していた中の数点

(まだ使えそうな鞄や紙袋)を捨てました。

 

そしてまた何週間かして気付いたのですが、その日捨てた物は思い出す事もなく

無くてもなんら支障がなかったので、ここで初めて「これが断捨離の一歩」なのでは?と思いました。

 

それからは、一週間経っても使わないものは思い入れがあるものであっても捨てることが出来るようになりました。

何点かは捨てなければ良かったのにと思うものもありましが、

それに代用出来るものをすぐ見つけ、意外とそんなに無くても困らないものだったなと思うことができました。

これからも私は捨てられないものがあればこの基準を使って、整理していこうと思っています。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL