ズボラな私にも出来た!断捨離を上手く取り入れる方法

春になると、新年度を迎えて気持ちも新たにスタートする方も多いですよね。

新しい季節に衣替えをすると、「あれ?こんな服持ってたかしら…」

と見覚えのない再会をする事もしばしば。

こんな経験、珍しくもないわ…という方も多いのではないでしょうか。

実は私もそうでした。

 

その再会を果たしたのち、「でも、いつか着るかもしれないから…」と、

またそのままタンスの中へ…。

それが1枚や2枚ならまだいいのですが、どうして溜まってしまうのでしょうか、

クローゼット付近は悲惨な状態に…。

 

片付けなくちゃいけないんです。

旦那に言われなくったって、そんな事分かってるんです。

だけど頭の中をぐるぐる、ぐるぐるめぐる言葉は…

「捨てる」=もったいない。

 

自分の働いたお金で買ったんだもん。

そう簡単には捨てられないし、物を大切にしましょうと、学校でも教わってきたし。

そんなふうに自問自答しながら、自分を正当化してきました。

 

ある日、同僚が「今ね、断捨離にハマってるんだ?」とひとこと。

ダンシャリってなんだろう…?その時初めて聞いた言葉でしたが、

どうやら聞いてみると、「捨てる」=人生を豊かにしてくれる。

という内容のようでした。

 

「本当にそうなのかな、でもこれも何かの縁かもしれない、やってみようかな…」

と考えるようになり、大々的に断捨離をする事に決めました。

 

その後、少しずつですが品定めを開始。

新しくても使わない物や、思い切って捨てちゃおうと決めた物などなど…

人に譲ったり、処分したりしました。

 

何日か経過して、ようやくクローゼット付近はすっかりキレイになりました。

すると、この壁に絵を飾ったら素敵かも!

窓が汚れてるから掃除しなくちゃ!

などなど、不思議と気持ちが前向きになっていたんです。

 

大々的に断捨離をしたんだという達成感に加えて、

以前とは見違える程キレイになった部屋で過ごせる充実感。

そんな頑張りを旦那にも褒められると、やっぱり嬉しいものですよね。

 

だけど、人間ですからね。

この状態をキープするのが難しいんです。

私の場合は、クローゼット付近が悲惨→大々的に断捨離→物が溢れてきた

→品定めタイムを作る…といった具合です。

常にキレイなわけではありません。

どどーんと整理した方が、充実感も大きいですしね。

 

衣替えの季節は、断捨離するにはとってもいい季節です。

家の中を見渡してみると、意外と沢山の物たちが、断捨離を待っているかもしれません。

自分なりの断捨離の方法を見つけて、これまで以上に豊かな人生を過ごしていけると良いですね。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL