ため込み癖を直して断捨離できるようになりたい

自分が物が捨てられない人間だと気が付いたのは最近のことでした。

随分長く着ていない服がたくさんあって、夫に指摘されたのです。

いつか着るかもしれないと思うと捨てられなくて、でも新しい服も欲しくなって、増える一方でした。

 

増えているのはわかっていたけど、まぁいっかとのんびり構えていたのですが、

最近やっと思い立って断捨離をしようと心に決めました。

 

断捨離をするにあたって、まず自分の持っているものを確認することから始めました。

もう買ったことさえ忘れていたようなものもあって、

気付けばもう年齢的に着ないよなぁという服もたくさん出てきました。

そして、似たようなデザインのものが思ったより多くて、

私ってこういうのが好みなんだ~なんて改めて分かったりもしました。

こうやって、たまに自分の持ち物を確認することで、買い物の無駄もなくせるような気がします。

 

これまで物が捨てられなかった私にとって、断捨離を決行するのはそんなに簡単なことではありません。

持ち物を見直し、一度「いるもの」と「いらないもの」に分けた結果、

ほとんどが「いるもの」に分類されてしまいました。

もったいないと思っているのか、手放して後悔することが嫌なのか、

理由は自分でもよくわからないのです。

 

わからないなりに考えてみたところ、心当たりのひとつが「仕事」です。

仕事の影響で捨てられない性格に拍車がかかったのではないかと思っています。

過去に営業事務の仕事をしていて、保管期限が過ぎた書類でも

ちょっとひっかかるものは残しておくようにしていました。

 

そのうちにどんどん保管書類が増えていき、これはさすがにもう必要ないだろうと処分したところに

その案件で問題が起こる、という経験が何度かありました。

そういうことが起こるのは、不思議なものでたいてい捨てたすぐ後なんです。

「あー!捨てなきゃよかった!」と本当に後悔したものです。

そんな後悔をもうしたくないと、残せるものはとにかく残す習慣が身に付きました。

 

そんなわけで、気付けば私物までどんどんため込んでしまっている私ですが、

最近荷物を極力減らしたいと思うようになりました。

夫の仕事柄、引っ越しが多いためです。

荷物が増えるとその分引っ越しが大変になりますし、

引っ越すたびに家のサイズが変わるので

荷物が入りきらないなんてことがあったら困ると真剣に考え始めました。

それが私が断捨離を始めたきっかけですが、

しっかり実行できるようになるまではまだまだ時間がかかりそうです。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL