Let’s『断捨離』!!

『家事も育児も、仕事もそつなくこなして、

おまけに未来のヴィジョンも完璧に描いている!

それなのに、何かモヤモヤする。

ちょっとしたことにイライラする。

なぜ?

答えはわかっている。余計なものが増えすぎたんだ!』

 

余計なものが何なのか整理し、物に対する執着を捨てて手離す、

そう、『断捨離』をしましょう!

 

数年前に発刊されたやましたひでこさんの著書『断捨離』をきっかけに、

多くの方が実行され個人レベルで数々の実績がある断捨離。

やったほうが断然仕事の効率も上がり、心にも体にもいいのに、

わかっていても先延ばしにしてしまったり…ってよくありますね。

 

実生活に追われているから仕方がない、だから今は手を出せない、

タイミングを見計らって効率よくやりたい、気分が乗らないとできない、

子供が小さいからまたすぐ物で溢れるなど、様々な理由があると思います。

そんな、ちょっと先延ばしにしていた断捨離も、

尻尾に火が付いたかのようにやる気になれる師走がやってまいりました。

 

断捨離という名の大掃除でしょ!とつっこまれそうですが、

思い切って『執着を捨てる、ものを減らす』大掃除になるよう

あえて断捨離と言いましょう。

さあ、はじめましょう!

 

まずは始めやすくて量が多いものから。

なんといってもすぐ増えてしまう、衣類や雑誌、本などは初めにやってしまいましょう。

絶対に要る物・要らない物・どちらか迷うものに分け、

思い出深い服や、雑誌に載っていたお得情報など

どうしても捨てるのに迷ったときはスマホのカメラで撮影しましょう!

撮影したら、案外「無くてもいいかも?」と思えてくることって多いです。

 

持っていても滅多に使わない小物・バッグ・靴も、

それって本当にこれから使う?

といつも自分に聞いてみましょう。

 

スマホのカメラは頼り過ぎないように注意しましょう。

データは突然消えることもありますから。

それでも五感を駆使すれば物を手離したとしても

手に取るように思い出せるような記憶のフックになるのでとても良いことと思います。

 

そもそも断捨離は自分の持っているあまり意味のない所有欲や幻想を『絶つ』

という意味合いがとても強く、

要らない物を手離し、そこに空間を作るという行為そのものが、

自分の思考や心に余裕を持たせることにつながるわけです。

 

どうしても捨てられない、そういうときは無理に手離さなくても良いと思います。

自分の根っこに繋がるようなとても特別な思いのあるものは捨てる必要はありません。

断捨離をしなければ先に進めない、という切羽詰まった心境にある人でなければ

あまりになんでもかんでも捨てなくていいと思います。

 

ただ、断捨離のつもりでやるということで、

次に物を招き入れるときにとてもよく考えることができるようになります。

だからこそ、一度は断捨離をやってみた方が良いのです。

今度はよく考えて決めよう、大事にしよう、そう思えるものだけを残そう、となるので、

自然と物に対して大事にする心を持てるようになるのです。

 

賢いあなたならきっと自分ルールを作ってオリジナルの断捨離ができるのではないのでしょうか。

そのほうが楽しいし、すべて終わった後は心も晴れ晴れ、

主婦もキャリアウーマンもニートも関係無く、

ひらめきと直観力が冴えわたりよりクリエイティブな日々を過ごせることと思います。

あなたの生活が来年も再来年も、よりキラキラと幸福感でいっぱいになりますように!



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL