片付けに対する誤解

片付け術というと、収納技術を想像する人が多いと思いますが、

実は、片付けは収納することでも掃除することでもありません。

 

収納の前提として、物が絞り込まれている必要があります。

不要品まで収納するのはナンセンスなので、

まずやるべきことは、不用品を捨てることです。

 

一口に掃除とはいっても、その内容は様々です。

 

モノの分類・取捨選択が「片付け」、

見た目を美しくすることが「生理整頓」、

掃いたり、磨いたりすることが、いわゆる「掃除」です。

 

片付けとは、片をつけること。

つまり、使わない物と決着をつけ、始末をするということなのです。

 

片付けるには、まず捨てることです。

もちろん、捨てるだけでなく、人にあげたり、リサイクルしてもいいでしょう。

ただ、それだと時間と労力が必要になるため、先送りにしてしまいがちです。

 

綺麗に収納するには、生理整頓術や収納術が必要となりますが、

物を捨てること、つまり断捨離には難しい技術は必要ありません。

 

物自体が少なくなれば、「物をどう収納すればいか」を

考える必要がなくなるため、収納が簡単になります。

 

部屋の片付けをしたいけれど、綺麗に収納する技術なんて私にはないし・・・

と諦めてしまっている人も、断捨離で物をバンバン捨てれば、

家の中は自然と片付いてくることでしょう。

 

すると、あらゆる場所にゆとりが生まれるため、

物が取り出しやすく、また元の場所に戻しやすくなります。

自然と生理整頓ができるようになるというわけです。

 

また、掃除も同様に、物が少なくなると、少しのホコリやゴミが目に付くようになって、

歩きながら、まめに拾ったり、拭いたり掃いたりするようになります。

気がついた時に掃除をしているので、あえて「掃除の時間」をとる必要がなくなります。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL