断捨離=質素?

断捨離は、質素な倹約生活を目的にするものと、

勘違いしている人がいます。

 

断捨離は、清貧を良しとする考えでもありませんし、

節約生活の勧めでもありません。

 

断捨離は不要な物を手放すことで、真に大切な物を見つけ出すプロセスです。

 

買わない、持たないことが目的なのではなく、何を持つかを見極めるための作業なのです。

もちろん、その結果、倹約生活に繋がる人もいるでしょうが、

全員がそれを目的にしているわけではありません。

 

究極に考えれば、物がなくたって人は生きていけます。

家具やテレビや本棚、化粧台がなくても人は生きていくことができるのです。

洗濯はコインランドリーで済ませ、食事は全部外食にしてしまえば、

洗濯機も物干しも、鍋も食器も不要となります。

でもそれは、人間らしい暮らしとは言い難いものでしょう。

 

倹約生活を求めるあまりに、暮らしが我慢大会のようになってしまっては、本末転倒です。

物は少ないほど爽快ですが、暮らしを自分らしく、

楽しいものにしてくれるのもまた、物があってこそです。

 

また、大勢が断捨離をすることで、

経済が滞るのではないかと恐れている人もいるようですが、

断捨離することによって、自分により良い物を与えようと、お金を使うようになる人もいます。

 

妥協して3900円のバッグを買ったけれど、満足できずにすぐに飽きて、

また別の3900円の物を買う、ということを繰り返してきた人なら、

それを10回繰り返す代わりに、39000円の気に入っていて

長く使えるバッグを買うという発想に変わるでしょう。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL