断捨離上手なモンゴル人

モンゴル人は、奇跡的なほど物欲が少ないと言われています。

実際、モンゴルの田舎では、移動式住居に住んで、

いつもこざっぱりとした室内を保ち、

余計な物は持たない生活をしています。

 

ある調査によると、住民一人当たりの所有物の数の平均は、

モンゴルでは300個であるのに対し、

日本では6000個だったそうです。

 

このモンゴルの暮らしそのものが、断捨離思考の元なのです。

モンゴルの住まいは、世界でもっともシンプルで合理的な家だとも言えます。

 

採光、空気の流れなどを自在に考慮でき、

余計な物を一切持たないことで、移動も簡単にします。

 

例えば、鍋ひとつとっても、基本的に大きな鍋が一つあれば十分です。

これでお茶も作りますし、炒め物、揚げ物もできます。

一つの物で、たくさんの用事が済ませられるなら、

そもそも物はそれほどたくさんいらないのではないでしょうか。

 

年に数回も引越しを繰り返す人々にとって、物は少なければ少ないほど良いでしょう。

物については、収入云々よりも、常に、持てる用量を考えておくことで、

結果として、本当に大切なもの以外は持たない、という結論に至ります。

 

これが繰り返されることにより、

モンゴル人は物欲がそぎ落とされていったと言われています。

 

その反面、物欲が消えていったモンゴル人の関心は、家族、自然、家畜などに向き、

モノではなく、心を満たすことが幸せになることだと知ったのです。

遊牧民は、見知らぬ人が突然尋ねてきても歓迎し、

食事を振る舞い、寝場所を提供してくれます。

 

お互いに盗み合うものがないので安全なのです。

 

今の物に囲まれた日本で、モンゴルの暮らしを完全に真似することは難しいですが、

物を断捨離することで、心の豊かさが大きくなる可能性は十分にあります。



断捨離 関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL